| main |
2015.12.08 Tue

症状の変化

先日の診察時に今の症状を先生に聞かれて、
特に左側の痺れが酷い事を言ってみました。
先生は、そんだけヘルペスが左に多いちゅうことやな。
人体の左右の話もしてくれました。

で、その夜。
なんだか症状が変わって来た(悪い意味)。
痺れが増してきてしまった。
まるで虫が、骨盤やら、座骨辺りや、足先やらを
動き回っているような感じ。
腰の辺りにも、ヘルペス虫?がぁ・・
少し、右側にも症状がぁ・・
細胞レベルで、明らかに変化が起こっているような・・

薬剤師さんが、3ヶ月たっての具合を尋ねてくれた。
相変わらずで、痺れが増した話をしたところ、
我慢ならない感じだったら、先生に電話で聞いてくださいね。
と、言われたのが妙に気持ちに引っかかっているものだから、
う~む、体に影響を与えたのかなあ・・などと、思ってみたり。
でもまあ、これも私が通る道なのだという思いもあり。

飲んでいる漢方薬は、何しろ体の中の悪い?ものを外に出す・・
そういう説明も薬剤師さんはしてくれたのでした。
藤田薬局の薬剤師さん、ベテランさんが多い。

今夜は、温灸もモグサを減らさず、そのままの量で熱さに耐えたりした。
まさに、自分で病気を治す!を体感中。

お灸タイムから1時間が過ぎたので、今からお風呂に入ります。
私はお風呂用の漢方湯は処方されていないので、
2回に1回は、アロマのバスオイルを入れて
15分〜20分くらいの間、湯船にゆったりつかっています。

市販のバスソルトを使用する場合は、
配合成分チェックをすることをおすすめします。
なるべく化学成分が入っていないモノがいいです。

今夜は、ジンジン痺れているので、
がんばって?なるべく長くお風呂に入りたいと思います。
(元来、カラスの行水だったため)


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村


Category: 経過 Comments (0)
2015.11.30 Mon

11週が経過

9月11日が初診でしたから、
2ヶ月と3週間がたちました。

漢方薬を煎じる段取りもよくなり、夜中に余裕がでてきました。
お灸も、若干の変化があります。
夫が細く作ったモグサを指でつまむ?のが、けっこう大変らしいのです。
背中にすえてもらうために、肌をだして待っているのですが、
なかなかモグサが乗って来ない?
その待っている間が長く感じ、体も冷えてくる・・
そういうことで、自分でもできる温灸をしています。
左足4カ所、右足2カ所。
左骨盤辺り1カ所。自分でできる範疇でのおしりに1カ所。
痺れを強く感じる場所にしています。
初めての時は、飛び上がるほど熱かった感覚も
免疫を刺激?してる感覚が半端無くかんじるようになり、
随分我慢が出来るようになりました。
昔からある知恵はすごい!と思う日々です。

お尻の痺れは相変わらずジンジン。左骨盤も痛み痺れだしました。
足先の冷えてる感じも、凍りそうなくらい冷たい感覚です。
足の裏にお灸をしても何も感じないくらいです。

それから、下痢はなくなりました。
胃の違和感、吐き気もなくなりました。

足のヒキツレが早く治りたいものです。
乗り切ります。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 経過 Comments (0)
2015.10.31 Sat

座骨の痛みよ、飛んで行け〜

1週間前くらいからだろうか・・
お尻の痺れが、尋常でない!という自覚に変わりました。
パソコンを前に仕事をする毎日。
お尻がツライのです。(痛みは座骨)
態勢を変えてみても、お尻の重心を右にしたり左にしたりしても、
「痛いシビレル」は、変わりません。
仕事に集中していても自覚は自覚。

全体としての症状は、腰から下の下半身と、手と、目。
左足の突っ張りと痺れも強くなっているし、
目も決して楽にはなっていないし、
ただ今、リバウンド中ということになります。
通り過ぎるまで待つしかありません。

先週、受診した時に先生が「ソリブジン事件」のとこ読んだ?
と聞かれたのですが、私は分からなくて・・
先生は、隣に居るスタッフ?若先生?に、
「ソリブジン事件のコラムは、ドコソコのんと並べた方がええね」
と、伝えていました。
気になったので、ホームページを見ましたが
ヘルペスのコラムでは見つからず、
普通にネットで“ソリブジン事件 松本医院”ワードで検索。
いくつかヒットしたので、読んでみました。
ヘルペス値の高い人は、興味深く読めると思います。

初診から7週間が経ちました。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 経過 Comments (0)
2015.10.03 Sat

3週間が経ちました

食前、食後の漢方の煎じ薬と抗ヘルペス薬。
毎晩のお灸を続けています。

私の場合、松本医院を受診した時点でも、自覚症状はだんだん強くなっていました。
初診時にすでにあった自覚症状は
●手-強ばり、ピリピリと走る痛み
●足-強ばり、足先の痺れ、冷え/特に左足が常に緊張と痙攣
●お尻-痺れ
●腰-鈍痛と刺す痛み

○3日目くらいに下痢が始まる
○5日目くらいから気管・喉が詰まった感じ
○1週間を過ぎた頃から、胃の不快感(吐き気)
○2週間後あたりから、目の奥の痛み
そして、四六時中、眠い!
○目の自覚症状と同じ頃に、首、肩が固くてつらい

以上の○部分が自覚症状として加わりました。
きっと、治療に入ってすぐにリバウンドは始まっていた、ということのように思います。
それだけ、私の体中にヘルペスが潜んでいるということですね。

何が苦手って、吐き気です。体は、他の患者さんが書いていた
ガラスで刺すような痛み・・それも少しあり「これが、そうかあ・・」と思ったりしています。
痛みはわりと乗り越えられそうですが、吐き気は苦手中の苦手?
胃が不快なせいで、食事も少しか食べられず、だけどお腹が空き、空くと調子が悪い。
これには少々悩む・・ここでストレスはかけたくないなあ・・
ストレスをかけない!って難しい〜

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 経過 Comments (0)
2015.09.29 Tue

初診日から18日

9月11日の夜から飲み始めた漢方薬と抗ヘルペス薬。
18日が経過しました。
最初に加わった症状は●下痢です。午後になるとほぼ水分・・多少の腹痛。
1週間後検診の日には、先生には言い忘れましたが
薬剤師さんにきいてみたところ、
食前に飲んでいる漢方薬の中に下痢をおこす成分のモノが2つほどある、
ひどくなるようでしたら、先生に相談して下さいというアドバイスをもらいました。
下痢に慣れてきていたこともあって、電話診療の時にも先生に伝え忘れ・・
2週間が過ぎた頃には●眼球の疲れ感が常にあります。
それから●四六時中、眠〜いです。

身体の自覚症状は当初からあった、腰の痛み、お尻のしびれ、左足の筋肉の痺れ、
両足の強ばり。手の強ばり。それぞれ自覚は強くなっています。
細胞レベルで免疫がバンバン戦っているのかなあ・・と思ってもみる。
さほど気にしていなかった首や肩も堅くて、
昨夜は首が神経痛?!と思ってしまう痛みも部分的にありました。

自覚症状の経過はキチンと把握しておくことは大事だと思っています。

仕事は、普通に行っています。とても近いので通勤の辛さはゼロ。
ただ仕事中は痛みは感じています。すごく集中している時は忘れたりもします。
痛みなどをなんとか慣れに変えて?乗り切っています^^v

にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 経過 Comments (0)