自分の免疫が自分の病気を治す

松本医院の治療法でリュウマチと未病を治す

座骨の痛みよ、飛んで行け〜

1週間前くらいからだろうか・・
お尻の痺れが、尋常でない!という自覚に変わりました。
パソコンを前に仕事をする毎日。
お尻がツライのです。(痛みは座骨)
態勢を変えてみても、お尻の重心を右にしたり左にしたりしても、
「痛いシビレル」は、変わりません。
仕事に集中していても自覚は自覚。

全体としての症状は、腰から下の下半身と、手と、目。
左足の突っ張りと痺れも強くなっているし、
目も決して楽にはなっていないし、
ただ今、リバウンド中ということになります。
通り過ぎるまで待つしかありません。

先週、受診した時に先生が「ソリブジン事件」のとこ読んだ?
と聞かれたのですが、私は分からなくて・・
先生は、隣に居るスタッフ?若先生?に、
「ソリブジン事件のコラムは、ドコソコのんと並べた方がええね」
と、伝えていました。
気になったので、ホームページを見ましたが
ヘルペスのコラムでは見つからず、
普通にネットで“ソリブジン事件 松本医院”ワードで検索。
いくつかヒットしたので、読んでみました。
ヘルペス値の高い人は、興味深く読めると思います。

初診から7週間が経ちました。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 経過

0 Comments

Leave a comment