自分の免疫が自分の病気を治す

松本医院の治療法でリュウマチと未病を治す

4度目の受診

9月11日の初診から数えて4度目の受診に行ってきました。
2週間前に採血をしていたので、結果にもドキドキ。
1時に鍼灸の予約を入れていたので、
その時間に合わせて病院に入りました。
鍼灸師さんに「ヤケドの後が無い・・」との指摘。
数は少ないものの毎晩夫に灸をすえてもらっています。
(叱られているのではなく^^:)
「アチ〜」「アツ!」などと、私はそれなりに?感じているはずが・・
なぜでしょう?
手は、自分で灸をしているのですが、こっちはヤケドの後がチラッとあり。
ヤケドが出来て、カサブタが出来て痒くなって、カキカキしたほうが
クラススイッチを助ける?らしいので、これはヤケドを作らねば!
今後の課題です。夫にかかっていますネ。

鍼灸が終わってしばらくしたら先生のアナウンス。
診察室に入るのはまだ4度目ですが、
なんとなく先生のエネルギッシュ感にも
理由があることを感じとれましたし、
実はけっこう優しさもあることも感じています。

楽しみでもあった血液検査の結果は
○リンパ球 
 32,0(初回)→37,9(わずかですが上がってくれてます)
○RF定量
 81(初回)→78(わずかですが下がってます)
○単純ヘルペスEIA値
 126.9(初回、ムッチャ高い)→98.8(下がった下がった!)

今まで幾度となく血液検査をしてきましたが、
まじまじと数字をみつめてしまったのは初めてかもしれません。
この調子で、正常値を目指しつらいリバウンドも乗り切らなくては!

「何が一番ストレス?」と、先生に聞かれて・・
即答出来ずに首をひねった私。
すかさず夫が「この人はストレスの固まりなんですよ」。
そうそう、そのとおりなんです。
私の課題である「怒れないんです、気持ちを抑えてしまって」と言ったところ、
先生は「そりゃあかんわ〜ワシなんか朝からどんだけ怒鳴ってるか〜」
分かりやすいお言葉^^、その場が和んで診察を終えました。

膠原病は、ストレスが課題ですよね。
この難問も自分でなんとかするしかありません。

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 診察日

2 Comments

若葉  

No title

おぉ、今日、ちょうど「怒り」について考えていました。

松本先生って、ものすごく頭がいいけれど、こどもみたいなところがありますよね(笑)
私達も、こどもみたいに喜んだり、怒ったり、本能を大切にして生きていくといいのかもしれませんね(^▽^)

2015/10/28 (Wed) 02:55 | REPLY |   

Rili  

そのとおりですね。

若葉さん
こんばんは。
コメント、ありがとうございます。うれしい。

私も4度目になり、松本先生とのやりとりにコツ?が分かってきた感じです^^
確かに、こどもみたいに。ですね〜
怒鳴るって、ある意味、私のあこがれかもです。

2015/10/29 (Thu) 01:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment