自分の免疫が自分の病気を治す

ARTICLE PAGE

辛いものはツライ

連休中の私は、ただただ横になりたくて、目覚めた朝もベッドから出られず、
「今日は仕事じゃないし」などと自分で言い訳をして、
お昼近くまで浅い眠りながら体を休めました。
それでも、起きる時はやや頭痛、そして手足の強ばりがついてまわります。
足も腰も痛くてたまりません。
いっしょに過ごす夫からみれば、私のみかけはたぶん普通なので
そんなに体の中で痛みや強ばりがあることは想像がつかないようです。
午後も3時頃から夕方までソファに横になり、眠り続けている私の様子は
どうやら怠け者に見えるようでした(これは正直悲しい)。

仕事の日は、四六時中頭がもうろうとして眠くても、痛みも耐えて頑張っているつもり。
帰宅途中でスーパーに毎日立ち寄り、メニューを考えながら買い物をし、
胃の具合が悪いので、今は自分が食べられるもの中心で夕飯を作っています。
でも休みの日は、ここにきて体が言う事をききません。
自分が思っている以上に、私の免疫が
ヘルペスと戦っているということなのかな・・と、想像します。

連休明けの今日も、無事に仕事をこなせました。
帰宅すると、昨日まで自覚していた痛みや違和感に新しい部位の痛みが加わり、
「また来たか」と、思いました。
今の自覚症状は必然の表れなのだし、降参して我慢です。

今夜も夫にお灸をしてもらい(腰・お尻の上あたり・両足、30カ所くらい)、
その間に漢方薬を煎じています。
そして1時間後の今、これからお風呂にゆっくりつかります。

まだ1ヶ月と4日。
とにかく耐えるぞい!私の免疫ががんばっているのだからネ。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment