自分の免疫が自分の病気を治す

ARTICLE PAGE

3週間が経ちました

食前、食後の漢方の煎じ薬と抗ヘルペス薬。
毎晩のお灸を続けています。

私の場合、松本医院を受診した時点でも、自覚症状はだんだん強くなっていました。
初診時にすでにあった自覚症状は
●手-強ばり、ピリピリと走る痛み
●足-強ばり、足先の痺れ、冷え/特に左足が常に緊張と痙攣
●お尻-痺れ
●腰-鈍痛と刺す痛み

○3日目くらいに下痢が始まる
○5日目くらいから気管・喉が詰まった感じ
○1週間を過ぎた頃から、胃の不快感(吐き気)
○2週間後あたりから、目の奥の痛み
そして、四六時中、眠い!
○目の自覚症状と同じ頃に、首、肩が固くてつらい

以上の○部分が自覚症状として加わりました。
きっと、治療に入ってすぐにリバウンドは始まっていた、ということのように思います。
それだけ、私の体中にヘルペスが潜んでいるということですね。

何が苦手って、吐き気です。体は、他の患者さんが書いていた
ガラスで刺すような痛み・・それも少しあり「これが、そうかあ・・」と思ったりしています。
痛みはわりと乗り越えられそうですが、吐き気は苦手中の苦手?
胃が不快なせいで、食事も少しか食べられず、だけどお腹が空き、空くと調子が悪い。
これには少々悩む・・ここでストレスはかけたくないなあ・・
ストレスをかけない!って難しい〜

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment