| main |
2017.04.04 Tue

周波数をとらえられないときの雑音のような

3月の投稿は一つしか書けませんでした。
これでは、何の役にもたたないblogです。

日常生活が普通にできているか?
と、問われたら、う〜ん。出来てるとは言えない感じです。
朝、目覚めると、シェーグレン症候群の抗体値があがっているからか、
ちゃんとしゃべれないくらいカラカラで、
起きるとまず、歯茎をマッサージするように動かし、水分をなじませて口をすすぎます。
これで、ちゃんとしゃべれます。一日中大丈夫です。

朝食から、あまり食欲がありませんが、なんとかトーストパンを一枚と
一杯のコーヒーを飲みます。
もちろん、食前食後の漢方薬は飲みます。
目覚めてしばらくは、腰や下半身の自覚症状はちょっとマシなので
この時間帯だけが、楽と言えるかもしれません。
朝寝坊気味なので、ランチタイムはすぐにやってきます。
私は、午後から仕事をしているので、出かける事が出来ていますが、
おそらく朝からの一日勤務の仕事は勤まらないと思います。

その午後からの仕事も、座っていると座骨が圧迫され、痺れがヒドくなります。
なので、我慢をするのにも限界があって、早めにきりあげることとなり、
仕事が出来ているとは言えない感じです。
当然、収入も減りますから医療費への不安が強くなってしまい、
これがストレスになっているのでは?
と、思ってしまいます。

帰宅後は、まず1時間は体を横にします。仮眠です。
足腰には良いのですが、起きて作業をするには頭がぼ〜っとしてしまっています。
カンタンな料理で夕飯を済ませたあとは、漢方薬を煎じている間に、
温灸をします。
温灸も、以前は「毎晩しなくては!」と、頑張り過ぎてる感じでしたが、
このところ、なるべくやろう〜というスタンスにして、温灸の数もこだわらずやっています。

そして、1時間くらいしてから湯船に10分くらいつかります。
つかっている間、左足のシビレは増します。

何か用事があれば、夜中に済まし、お布団にはいります。
この時は、お尻も痛いし、左足のシビレは相当あって、上を向いては寝られません。
うつ伏せでおさまるポーズをさがして、眠りにつきます。
目覚めた時は、上を向いています^^

痺れには変化があります。
治療を開始して痺れも出て苦しんでいますが、シビレは本当に色々に変化します。
普通にジンジンなどという擬態語では表せない複雑な感じです。

夕べ、ふと思ったのは、
FMラジオの周波数が合わずに雑音が出ますが、あんなような?感じでもあります。

それから、なんだか眠い感じがずっとあることと、ずっとシンドイ感じもあるので、
生活の質が落ちてしまい、ちょっと悲しいかな、、です。
にしても、日々乗り切るしか方法がありません。

先日の血液検査は、単純ヘルペスウィルスの抗体値ではなく、
久しぶりにEBウィルスの抗体値の数値がでてました。
前回と前々回が2.0のところ、1.7。
少し低くなっていました。

それはそうと、松本医院での鍼灸は、いいですよね。
きょうは、独り言でした。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 経過 Comments (10)