| main |
2017.02.04 Sat

脳神経外科に行ってみた

昨年末にNaokiさんにお会いしたとき、
彼がつぶやいたフレーズ
「Riliさんの症状は9割はヘルペスウィルスで説明がつくけど、後は神経ですよねえ」
「ぼくは未だ勉強していないんですよね、勉強しないといけないんですよねえ・・」

それは私自身も一度は探って?みたいと思っていました。
それで、少し病院検索をしてみました。
総合病院に行く気にはなりません。
なので、地下鉄で行ける範囲の脳神経外科を探しました。

1箇所、気になるサイトを見つけました。
痺れや神経痛について、かなり詳しく書かれていました。
院長が書かれたものだと思います。

私も、痺れと戦いながら、インターネット検索での方法ですが、
神経痛や筋肉の構造など、沢山勉強をしました。
整体師顔負け?くらいの頭でっかちになってるかもです^^;

先週の土曜日、初診の場合は11時半までに入らないといけません。
家を出るのがちょっと遅れ、病院の最寄り駅で11時半になってしまったので、
電話をかけて5分後にははいりますので、とお願いをしました。

着いてみてびっくらこ!
松本医院も顔負けの土曜日の混み具合・・
でも、病院の印象はThe平成な感じで、キレイ。
松本医院はThe昭和ですからネ^^

順番は意外にサッサと回ってきました。
診察室1に入ると、院長先生がパソコン3台の前におすわり、
受付で渡していた昨年撮ったMRIのCD-ROMを手に、
「何のMRI? 今見なあかんの?もうこんな時間やから」
へ?
レポートも書いて渡していましたが、見る気配ゼロでしたので、
少し説明をしました。
この先生は、段取りとかスピードが優先順位なのかな?
一応、ベッドに横になり、骨盤辺りを抑えて確認をされました。
しぶしぶ、MRIもご覧になり、、
ヘルニア、、ちょっとちょっとはあるけど、
もうこんな時間やけど、遠くから来てるみたいやし、と思ったからね、
(そんな事情は松本医院ではどうなるんやい?)
続いてスムースにレントゲン室に呼ばれ、腰骨あたりを撮った様子。
続いて動脈の詰まり程度の検査をしました。
再び診察室へ。
どちらもたいした問題もなく、同じような症状で治療している人が居ますから、
薬を飲んでいきますかね。
サインバルタは保険が効くようになったと思うので、
(ここでパソコンより薬の情報をゲットし、プリントアウトされていました)

目眩もあるのですが、と言うと、
それは又、別や。また今度にして。
私もこの時点で、先生への接し方が分かって来ていたので?
大人しく?返事をし、採血はされて帰ってきました。

処方された薬は
プロレナール/リリカカプセル/リオレサール/サインバルタ

今更リリカって、、
帰ってサインバルタも調べると、抗鬱剤で神経痛にも効くようでした。

やっぱり。
という結果でした。

とっても人気の?病院のようでしたが、免疫を抑える薬をだす病院が普通の病院だったよな。
と、今更ながら再確認をするだけでした。

腰や、臀部や左足、左足は狂ったようにジンジンズンズンしています。
漢方薬を飲んで、アシクロビルを飲んで、ひたすら続ける事が回復への
ただ一つの方法だと再確認でした。

そして、今日は高槻へ行きました。
The昭和で、混んでいました。
初診者多数をお見かけしました。

私も、初診から1年と5ヶ月経過。
アシクロビルの保険適用願います!


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 独り言 Comments (2)