| main |
2017.02.14 Tue

ヘルペスウィルス感染症、という本

NaokiさんのTwitterのつぶやきで、Naokiさんも松本先生もお持ちの?
「ヘルペスウィルス感染症」というレアな本が、
amazonで1冊だけ出ている!という情報。
直ぐにリンク先に飛びました。
新品本は残り1冊で5,000円だったかな?
ふと見ると、[中古本]があるようで、そちらをクリックしたら
こちらも残り1冊!
値段は¥3,473、送料を入れて¥5,000弱でのゲットです。

それにしても、医学生なのかドクターなのかは分かりませんが、
こんな貴重は本を専門家が手放していいものか?
と、思いました。私は安くゲット出来ていいのはいいのですが^^;

内容は、Naokiさんや先生にはいい本でしょうね。
私には?確かに難解すぎます。。が、興味のあるタイトルに目がいきます。
「免疫低下と単純ヘルペス」の箇所は、私には必須だな・・

まずは、私に出来ること、で、ご紹介したいこと、
のっけの「序文」から引き込まれたので、序文をそのままリライトいたします。

以下リライト

序文
ヘルペスウィルス科のウィルスは、ヒトを宿主とするものとして既に7種が確定しているが、
現在、1994年にAIDS患者のカポジ肉腫より見出されたDNA断片が
8番目のヒトヘルペスウィルスとして加わろうとしている。
この8番目のヒトヘルペスウィルスは、PCR法を応用してDNAの引き算を行うという、
これまでのウィルスの発見法とは全く違った方法により発見されている。
これを代表として、近年、分子生物学的手法の向上に伴って
新たな事実が明らかになりつつある。

我が国で抗ヘルペス化学療法薬が使用されるようになってから、
十年余を経過したが、ヘルペスウィルスは潜伏感染するという共通の特徴を持っており、
回帰発症により再発を繰り返すという性質上、患者数が急激に減少するということは考えにくい。
また、潜伏感染したウィルスを排除する方法の確定しない限り、
ほとんどの人は何らかのヘルペスウィルスの再活性化の可能性を持っていることになる。
さらに、初感染年齢の上昇や、高齢化による帯状疱疹の増加、
医療技術の進歩による医原性の免疫抑制状態やAIDSなど、
ヘルペスウィルス感染症をめぐる問題はいまだに山積している。

これらの観点から、本書「ヘルペスウィルス感染症」は、
ヘルペスウィルス感染症に関する知見を一冊にまとめることにより、
ヘルペスウィルスが感染症の診断、治療などにおける課題がより明確になり、
今後の進展の一助となることを期待するとともに、
実地臨床家の日常診療に益するところが多いものと信じている。

平成8年7月
新村眞人
山西孔一

以上 リライトでした。
20年前ですね、この本がでたのは。。

doctors1.jpg

doctors2.jpg

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 独り言 Comments (4)
2017.02.04 Sat

脳神経外科に行ってみた

昨年末にNaokiさんにお会いしたとき、
彼がつぶやいたフレーズ
「Riliさんの症状は9割はヘルペスウィルスで説明がつくけど、後は神経ですよねえ」
「ぼくは未だ勉強していないんですよね、勉強しないといけないんですよねえ・・」

それは私自身も一度は探って?みたいと思っていました。
それで、少し病院検索をしてみました。
総合病院に行く気にはなりません。
なので、地下鉄で行ける範囲の脳神経外科を探しました。

1箇所、気になるサイトを見つけました。
痺れや神経痛について、かなり詳しく書かれていました。
院長が書かれたものだと思います。

私も、痺れと戦いながら、インターネット検索での方法ですが、
神経痛や筋肉の構造など、沢山勉強をしました。
整体師顔負け?くらいの頭でっかちになってるかもです^^;

先週の土曜日、初診の場合は11時半までに入らないといけません。
家を出るのがちょっと遅れ、病院の最寄り駅で11時半になってしまったので、
電話をかけて5分後にははいりますので、とお願いをしました。

着いてみてびっくらこ!
松本医院も顔負けの土曜日の混み具合・・
でも、病院の印象はThe平成な感じで、キレイ。
松本医院はThe昭和ですからネ^^

順番は意外にサッサと回ってきました。
診察室1に入ると、院長先生がパソコン3台の前におすわり、
受付で渡していた昨年撮ったMRIのCD-ROMを手に、
「何のMRI? 今見なあかんの?もうこんな時間やから」
へ?
レポートも書いて渡していましたが、見る気配ゼロでしたので、
少し説明をしました。
この先生は、段取りとかスピードが優先順位なのかな?
一応、ベッドに横になり、骨盤辺りを抑えて確認をされました。
しぶしぶ、MRIもご覧になり、、
ヘルニア、、ちょっとちょっとはあるけど、
もうこんな時間やけど、遠くから来てるみたいやし、と思ったからね、
(そんな事情は松本医院ではどうなるんやい?)
続いてスムースにレントゲン室に呼ばれ、腰骨あたりを撮った様子。
続いて動脈の詰まり程度の検査をしました。
再び診察室へ。
どちらもたいした問題もなく、同じような症状で治療している人が居ますから、
薬を飲んでいきますかね。
サインバルタは保険が効くようになったと思うので、
(ここでパソコンより薬の情報をゲットし、プリントアウトされていました)

目眩もあるのですが、と言うと、
それは又、別や。また今度にして。
私もこの時点で、先生への接し方が分かって来ていたので?
大人しく?返事をし、採血はされて帰ってきました。

処方された薬は
プロレナール/リリカカプセル/リオレサール/サインバルタ

今更リリカって、、
帰ってサインバルタも調べると、抗鬱剤で神経痛にも効くようでした。

やっぱり。
という結果でした。

とっても人気の?病院のようでしたが、免疫を抑える薬をだす病院が普通の病院だったよな。
と、今更ながら再確認をするだけでした。

腰や、臀部や左足、左足は狂ったようにジンジンズンズンしています。
漢方薬を飲んで、アシクロビルを飲んで、ひたすら続ける事が回復への
ただ一つの方法だと再確認でした。

そして、今日は高槻へ行きました。
The昭和で、混んでいました。
初診者多数をお見かけしました。

私も、初診から1年と5ヶ月経過。
アシクロビルの保険適用願います!


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 独り言 Comments (2)