| main |
2016.12.18 Sun

2016年、最後の受診。

治療開始から15ヶ月が経過しました。
ず〜っとず〜っと、自覚症状がヒドくなる一方だったのが、
ここにきて、ちょっとだけ表れ方に変化を感じます。

受診時に持っていた?症状は腰痛と左足の摩訶不思議な力み、でした。
その2つは、やや強くなったような気がしています。
(強くなったからといって残念がってはいません^^;)
受診から1〜2ヶ月後に感じだしたお尻の痺れと痛みは、
左側は足と繋がって痺れと痛みはあります。

半年くらい経過してから感じだした右足の症状は軽減し、
足先だけのジンジンが残っています。

そういうことを頭の中で整理して、今年最後の受診に行きました。

電車の乗り換えの運が悪く、1時に鍼灸の予約だったのに、到着したのが1時5分。
たいてい少しは待つので、大丈夫かしら?と思っていたら、
案内の方が、「Riliさんですね?」とお声をかけてくださり、
すぐに鍼灸の部屋へ案内されました。
鍼灸の呼び出し&案内の担当の女性が置かれたように思います。
鍼灸の先生は、今回も的確に丁寧にしてくださいました。
前回の施術時に脈が速かったこともあり、今回も頻繁に脈を測りながら
鍼を多めに、灸は控えめだったように思います。

診察室内の待ち合いの椅子で、前の方の診察を聞いていました。
これは、他院では無いシーンですが、
聞こえてくる話は、患者さん個人のことでは全然ないのが普通で、
EBウィルスのお話がメインでした、ですので、私も聞いてしまう・・
ということですね。
先生が話が長くなる患者さんは、
おそらく有名国立大学卒の優秀な頭脳の方?だと勝手に推測しました。
これは別に差別とかではなく、先生は直ぐに理解してくれる人に話したいだけの話、ですね^^

ということで、私の今回の受診時間は短めでした。

まだしばらく高槻まで通うことになります。
必ず健康な体になるぞ!

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 診察日 Comments (0)