| main |
2016.11.20 Sun

14ヶ月がたちました。

2週間ごとの受診。
生活のリズムに組み込まれている感じです。
自分の自覚症状も、2週間単位で捉えるようになりました。
今頃?そんな事言ってるの?って感じですけど、そうなんです。

自覚症状には変化があるので、色々な方法で記録はしています。
このblogもそうですが、その他に人体図に表現したり、
日程表みたいにして、目眩がどのくらいの期間あったか、とか。

でも、ここにきてどの方法もピンとこない気がしています。
私の場合、結果としては一番の犯人は「ヘルペスウィルス」。
未病は、ほぼ99%、いえ100%と言えるくらいヘルペスウィルスです。

この2週間の自覚症状は、吐き気が強くでました。
いつもムカムカとかの不調があるのが当たり前の人生でした(大げさ?)。
社会人になって、初めて胃が痛い、ということを知りました。
バリューム検査も何度受けたことや、、
決まって「神経性胃腸炎」でした。
バリュームを飲むと、かえって気分が悪くなるので、一時期からは胃カメラを飲みました。

ピロリ菌がいることが分かり、退治もしました。
ピロリ菌を退治したことのある人の感想は、
「コーヒーが美味しくなった」とか、「今までの不快感がうそのよう」とか、、
そういうのを期待していた私でしたが、結果は変化無く吐き気はしょっちゅう・・・
今なら、ヘルペスがいるから、、と分かります。

今まで、腰から下の痺れや痛みばかりを自覚していましたが、
胃の不調もずっとありました。
あまりにもずっとあった自覚だっただめ、今日先生に初めて言った感じです。
先生は、前回同様「あなたは全身だからね」でした。
うえ〜ん。。。全身にヘルペスウィルス野郎〜〜が〜

1年前は基礎体温が36度4分くらいだったのが、36度6分くらいにあがりました。
ジワジワと免疫があがっているのだと思います。

腰痛と足の痺れと吐き気、まずはこの3つ、無くなるのを目指します。

今日は初めて胃の漢方薬を処方していただきました。
先生の説明は、「胃の漢方薬は炎症を治すだけやから」でした。
楽になるのを期待。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 診察日 Comments (7)