| main |
2016.10.29 Sat

正しく飲めば、薬。

年々、季節の変わり目が微妙で、健康な人でも体調を崩しそうな気候ですね。

私は、まあ、相変わらずリバウンド真っ盛り〜で、ツライです。
精神的には、時々すごく冷静なことがあり、自分なりに分析をしたり?です。

松本医院で処方していただく、漢方薬2種類とアシクロビル。
最初の半年くらいは、今まで何十年もそうだったように、
病院でもらった薬(処方というより、もらったという意識が強かった)は、
なんとなく理解して、なんとなく言われた通り食後とか食前とかに飲んでいました。
それは、食事の時間がずれても、薬と薬の空いた時間のことなど気にせず、
朝寝坊をして朝食が10時になった時も、お昼は12時に飲んだり・・・

薬の飲み方は、そんな感覚で飲んで来てしまっています。
半年程前に、松本医院の処方薬局、藤田薬局で待ち合いで待っていた時、
初診の患者さんに「常に体内に免疫をあげる成分があるように飲むんです」、
「通常より量が多いのは、免疫をあげるのを早くするためです」・・・
これは、保険適用以外の量があることも先生の治療の意図がある、ということですね。

この会話を聞いてから、私も漢方薬を飲むにあたって、
意識するようになりました。

でも、アシクロビルに関しては、朝昼夕と寝る前に飲む、という4回を意識しているだけでした。
つい先日、ネットで

“作用時間が短く、1日に何回も服用しないといけない”

という風に、アシクロビルのことが書かれていました。
それで今頃なのですが、1日に4回も飲む意味を理解したという、トホホな私です。

何に効く、ということだけでなく、どのくらいで体内に吸収される、、
みたいな事も理解していれば、薬を飲む行為も「自分で管理する」という意識が働きます。

ここにきて、正しい薬の飲み方が分かってきた感じです。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 独り言 Comments (0)