| main |
2016.10.05 Wed

受け身でいてはダメ

テレビドラマで
「先生!助けてください」「先生におまかせします」
などと患者さんが言っているシーンを見たりします。

外科手術とかは、さすがにその台詞は大切かもしれません。
でも、普段の?病気は受け身では治りが遅い、もしくは治らないかもしれません。
松本医院での治療において、自分の体で起こっている事を
きちんと理解しないと、まず治療を続けるのが難しいでしょう。
理解して、治療に専念した方は治っています。

私も通常なら読まない本もサイトも、よく読みます。
そして、自分の症状の変化をエクセルで記録したりもしています。

松本理論でかかせないのが、Naokiさんのblogに掲載されている図解の松本理論pdf。
難しいですが、松本先生の文章ばっかりの難しいコラムより、
はるかに分かりやすいと感じます。
最近バージョンアップ?されました。

Naokiさんが資料として使用した、愛読書も紹介されていました。
私は、ちゃっかりamazonでポチっとしました。

book-face.jpg
book-in.jpg
読みたい本がドンドン増えます^^;

今夜は、温灸の量はこんな感じです。kabaya.jpg


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 独り言 Comments (4)