自分の免疫が自分の病気を治す

ARCHIVE PAGE: 2016年07月

No image
READ MORE

スポンサーサイト

No image
READ MORE

シェーグレン症候群

理論の続きを書くつもりでしたが、今日の受診時に、考えた事をメモします。7月2日に採血をした結果を2週間前の受診時に聞きました。自己申告で?お願いした項目『抗核抗体/RF定量/水痘帯ヘルペス』も出てました。前々回の投稿で書きましたように、抗核抗体値は40になっていました。血沈が検査を始めたときから私の値は低く、最高が26最低が2でした。それが、初めて高い数値でびっくり。51でした。同じ治療をしている友人に聞くと、...
READ MORE

そもそもストレスとは?

松本医院を受診されている方は、先生の理論を深い浅いの差はあっても、たいてい理解されています。というか、理解していないと途中で起こる自分自身の症状をうまく捉える事が出来ません。理論については、説明をする時は相当シンプルにしよう、と思っています。そのためには、私自身が正しく理解していないと書けません。ということもあり、先延ばしになっています。今日は、ほんの入り口を書いてみます。受診を初めて数ヶ月後に発...
READ MORE

免疫が攻める!

昨年の9月の初診より、下半身の自覚症状が強くなりました。それでも、今思えば自宅でするお灸も、数はしれていました。それは体がとても要求していたわけでは無かったから・・と言えます。手記の記載に、何時間でもお灸をすえていられる、、とか、書かれているのを読んだ時には、あまりピンっときていませんでした。今の私は、毎晩のお灸をしないと一日が終わりません。私の場合は、温灸の「弱」を使っています。数ヶ月前は、せい...
No image
READ MORE

リュウマチは、ほぼやっつけた?

日常の様子を、少し書いてみようかと思いながら、お灸の写真も撮ってみたり・・そうこうしているうちに、血液検査の結果を聞きに受診の日になりました。そのことでは、また数日中に書く予定です。抗核抗体の数値を昨年12/7に検査をして以来していなかったのですが、ず〜っと(以前の心斎橋のリュウマチクリニックでも)数値は80でした。が、今回、40!に下がっておりました。これって、もう正常値と言っていいのでは?RF定量は62な...
READ MORE

10ヶ月が過ぎました。

7月になりました。昨年の今頃、私は総合病院の神経内科を受診していたころです。どこに行くにもタクシーがないと移動が困難なほど、腰が痛くていたくて・・・今も状況は違えど、変わらず腰は何かの拍子に痛み、下半身のシビレは強さを増し?私の下半身の神経の傷は、相当ヘルペスにやられているのか・・・ため息・・とにもかくにも我慢、というこの2文字につきます。お昼の12時を目指して高槻に行ってきました。日差しがとても強く...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。