| main |
2015.10.31 Sat

座骨の痛みよ、飛んで行け〜

1週間前くらいからだろうか・・
お尻の痺れが、尋常でない!という自覚に変わりました。
パソコンを前に仕事をする毎日。
お尻がツライのです。(痛みは座骨)
態勢を変えてみても、お尻の重心を右にしたり左にしたりしても、
「痛いシビレル」は、変わりません。
仕事に集中していても自覚は自覚。

全体としての症状は、腰から下の下半身と、手と、目。
左足の突っ張りと痺れも強くなっているし、
目も決して楽にはなっていないし、
ただ今、リバウンド中ということになります。
通り過ぎるまで待つしかありません。

先週、受診した時に先生が「ソリブジン事件」のとこ読んだ?
と聞かれたのですが、私は分からなくて・・
先生は、隣に居るスタッフ?若先生?に、
「ソリブジン事件のコラムは、ドコソコのんと並べた方がええね」
と、伝えていました。
気になったので、ホームページを見ましたが
ヘルペスのコラムでは見つからず、
普通にネットで“ソリブジン事件 松本医院”ワードで検索。
いくつかヒットしたので、読んでみました。
ヘルペス値の高い人は、興味深く読めると思います。

初診から7週間が経ちました。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 経過 Comments (0)
2015.10.25 Sun

4度目の受診

9月11日の初診から数えて4度目の受診に行ってきました。
2週間前に採血をしていたので、結果にもドキドキ。
1時に鍼灸の予約を入れていたので、
その時間に合わせて病院に入りました。
鍼灸師さんに「ヤケドの後が無い・・」との指摘。
数は少ないものの毎晩夫に灸をすえてもらっています。
(叱られているのではなく^^:)
「アチ〜」「アツ!」などと、私はそれなりに?感じているはずが・・
なぜでしょう?
手は、自分で灸をしているのですが、こっちはヤケドの後がチラッとあり。
ヤケドが出来て、カサブタが出来て痒くなって、カキカキしたほうが
クラススイッチを助ける?らしいので、これはヤケドを作らねば!
今後の課題です。夫にかかっていますネ。

鍼灸が終わってしばらくしたら先生のアナウンス。
診察室に入るのはまだ4度目ですが、
なんとなく先生のエネルギッシュ感にも
理由があることを感じとれましたし、
実はけっこう優しさもあることも感じています。

楽しみでもあった血液検査の結果は
○リンパ球 
 32,0(初回)→37,9(わずかですが上がってくれてます)
○RF定量
 81(初回)→78(わずかですが下がってます)
○単純ヘルペスEIA値
 126.9(初回、ムッチャ高い)→98.8(下がった下がった!)

今まで幾度となく血液検査をしてきましたが、
まじまじと数字をみつめてしまったのは初めてかもしれません。
この調子で、正常値を目指しつらいリバウンドも乗り切らなくては!

「何が一番ストレス?」と、先生に聞かれて・・
即答出来ずに首をひねった私。
すかさず夫が「この人はストレスの固まりなんですよ」。
そうそう、そのとおりなんです。
私の課題である「怒れないんです、気持ちを抑えてしまって」と言ったところ、
先生は「そりゃあかんわ〜ワシなんか朝からどんだけ怒鳴ってるか〜」
分かりやすいお言葉^^、その場が和んで診察を終えました。

膠原病は、ストレスが課題ですよね。
この難問も自分でなんとかするしかありません。

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 診察日 Comments (2)
2015.10.18 Sun

鍼灸整骨院

自宅近辺の鍼灸院探し。
2週間前に、地下鉄で一駅のところにある「鍼灸整骨院」に
行ってみたところ、まあまあという感じでした。
鍼灸院ではなく、あくまでも整骨院なので、
来院者のほとんどはマッサージ等の施術を受けています。
私は一番奥のベッドで、鍼と温灸、そしてマッサージを受け始めました。
昨日は2度目。最後のマッサージは左足をメインにしてもらいました。
私の自覚は、常に緊張をしていて筋肉がつっぱっている感じ。
整体師さんも、「すっごい緊張してますね」と実感されて、
かなり丁寧にマッサージをしてくれました。
担当のお兄ちゃんも感じがいいし、しばらくはここに通う事にします。

それから、目の痛みがつらいので入浴中に
手で目をあたためたりしています。
そこで思いついたのが、目をあたためる何かがあるはず!
ネット検索してみたところ、迷うほどありました!
ついでに、腰などを蒸気であたためるものも試してみる事にしました。

hot

それにしても、モグサで灸をしてくれる鍼灸院はなかなかないなぁ。

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 鍼灸 Comments (0)
2015.10.15 Thu

思いが叶うとイイナ

1ヶ月と5日。

昨日の投稿は、ツライがための愚痴になってしまいました。
状況をそのまま書く、という意味では「まんま事実」なんですけど・・

治られた方の手記も、けっこう読ませていただいています。
私の場合は、リュウマチと繊維筋痛症とリュウマチ性多発筋痛症を主に読んでいます。
症状はどんなだろ?とか思いながら、けっこう真剣に。
で、私と同じような症状があまりない・・
イヤイヤ・・十人十色というではないか・・そうそう、そうそう、と思ったり。
目がヤバいほどシバシバ?して痛すぎて、
パソコンで文字を追うのがなかなかやっかいにもなっています。

リバウンド期間が短いとイイナ、という思いが叶うとイイナ。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村





Category: 独り言 Comments (0)
2015.10.14 Wed

辛いものはツライ

連休中の私は、ただただ横になりたくて、目覚めた朝もベッドから出られず、
「今日は仕事じゃないし」などと自分で言い訳をして、
お昼近くまで浅い眠りながら体を休めました。
それでも、起きる時はやや頭痛、そして手足の強ばりがついてまわります。
足も腰も痛くてたまりません。
いっしょに過ごす夫からみれば、私のみかけはたぶん普通なので
そんなに体の中で痛みや強ばりがあることは想像がつかないようです。
午後も3時頃から夕方までソファに横になり、眠り続けている私の様子は
どうやら怠け者に見えるようでした(これは正直悲しい)。

仕事の日は、四六時中頭がもうろうとして眠くても、痛みも耐えて頑張っているつもり。
帰宅途中でスーパーに毎日立ち寄り、メニューを考えながら買い物をし、
胃の具合が悪いので、今は自分が食べられるもの中心で夕飯を作っています。
でも休みの日は、ここにきて体が言う事をききません。
自分が思っている以上に、私の免疫が
ヘルペスと戦っているということなのかな・・と、想像します。

連休明けの今日も、無事に仕事をこなせました。
帰宅すると、昨日まで自覚していた痛みや違和感に新しい部位の痛みが加わり、
「また来たか」と、思いました。
今の自覚症状は必然の表れなのだし、降参して我慢です。

今夜も夫にお灸をしてもらい(腰・お尻の上あたり・両足、30カ所くらい)、
その間に漢方薬を煎じています。
そして1時間後の今、これからお風呂にゆっくりつかります。

まだ1ヶ月と4日。
とにかく耐えるぞい!私の免疫ががんばっているのだからネ。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村



Category: 独り言 Comments (0)
2015.10.11 Sun

3度目の受診

初診から1カ月が経ち、3度目の受診に行ってきました。
お昼過ぎに病院に入ると、待っている人の多さにびっくりしました。
やはり週末はかなり混んでいます。

今回は、症状の経過グラフを作り、B5サイズでプリントアウトして持参しました。
忙しい先生に一目でパッと分かるようにしたつもり^^
私自身も自分の症状をきちんと把握しておきたかったということもあります。

受診時からある症状
●手の強ばり・時々ピリピリ
●足の強ばり・痺れ・冷え感・左足の筋肉のヒキツレ
●お尻の痺れ
●腰の鈍痛、動作によってのキリキリ
上記の症状は強くなっています。午後からだんだん夜にかけて強くなり、
帰宅してすぐは、いったん横にならないと夕飯の準備にははいれません。

○下痢は治療開始からひどい日が続き、1ヶ月たった今は、ほんの少し緩和
○気管の違和感と、時々咳
○胃の調子がずっとわるくて、食が細くなっています
○目が常に疲れ目の自覚、これがけっこうツライ
○10日たったころから、四六時中すごく眠い
上記の症状が続いています。

治療開始をしてリバウンドが始まっている症状ということになります。
「その痛みはいつまでも続くものじゃないから」、という先生の言葉で、
あらためて、今の辛さは乗り切れる!と思いました。
そういう気持ちで頑張れるのは、
やはり自分の体の中で起こっていることを、ある程度は承知しているからだと思えます。
ここでの治療は「医者任せ」感覚では、リバウンドを乗り切る気持ちが途絶えるかもしれません。

今日は受診中に、電話診療が入らなかったので、ちゃんと話が出来ました。
採血もしました。今回は採血量が少なかったので、数値の高い項目チェックなのでしょう。
2週間後に結果を聞きにきます。

抗ヘルペス薬と漢方薬(保険の効かない分)2週間分をいただいて、
会計は¥30,430なり、どっひゃ〜
(その内ヘルペス薬は保険が効かないので¥19,600)
漢方薬だけの方は、こんなに高くはならないみたいです。
保険の効く分の漢方薬は¥2,980

家計が実に苦しいのであります。

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 診察日 Comments (0)
2015.10.06 Tue

ドラッグストアにて

近所のドラッグストアに、ティッシュやコットン類を買いに立ち寄りました。
ティッシュなどはお店の奥にあります。
レジの前を通って移動する間、
左右の棚に風邪薬コーナー、頭痛薬コーナー胃腸薬コーナーetc・・・
色とりどりのすご〜っく沢山の薬がズラッと並んでいます。
今までは、たいして何も感じずにいましたが、
所謂細胞レベルの捉え方をすると、全て化学物質。
初めて、薬局の棚に並ぶ薬を空恐ろしく?感じてしまいました。
風邪薬は私にはキツすぎて飲む事はなかったのですが、
頭痛持ちなのでバファリンが必需薬でした。
新たな病気を生む原因にもなる化学物質を、何の疑いもなく飲んでいました。
注意深く選んだ方がいいですね。

どうやら私の意識はかなり変化したように思います。
風邪薬のテレビCMを見ていても、
「あ〜、体に悪いものを宣伝している」などと思ってしまうのでした。

今日も体がツライぞ。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村


Category: 独り言 Comments (0)
2015.10.03 Sat

3週間が経ちました

食前、食後の漢方の煎じ薬と抗ヘルペス薬。
毎晩のお灸を続けています。

私の場合、松本医院を受診した時点でも、自覚症状はだんだん強くなっていました。
初診時にすでにあった自覚症状は
●手-強ばり、ピリピリと走る痛み
●足-強ばり、足先の痺れ、冷え/特に左足が常に緊張と痙攣
●お尻-痺れ
●腰-鈍痛と刺す痛み

○3日目くらいに下痢が始まる
○5日目くらいから気管・喉が詰まった感じ
○1週間を過ぎた頃から、胃の不快感(吐き気)
○2週間後あたりから、目の奥の痛み
そして、四六時中、眠い!
○目の自覚症状と同じ頃に、首、肩が固くてつらい

以上の○部分が自覚症状として加わりました。
きっと、治療に入ってすぐにリバウンドは始まっていた、ということのように思います。
それだけ、私の体中にヘルペスが潜んでいるということですね。

何が苦手って、吐き気です。体は、他の患者さんが書いていた
ガラスで刺すような痛み・・それも少しあり「これが、そうかあ・・」と思ったりしています。
痛みはわりと乗り越えられそうですが、吐き気は苦手中の苦手?
胃が不快なせいで、食事も少しか食べられず、だけどお腹が空き、空くと調子が悪い。
これには少々悩む・・ここでストレスはかけたくないなあ・・
ストレスをかけない!って難しい〜

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 経過 Comments (0)
2015.10.01 Thu

松本医院にたどりつくまでの3ヶ月

2015年5月に始まった腰の激痛から、病院のハシゴをすることになってしまい、
私の症状の原因は一体何?何?という不安で精神的にも追い込まれていました。
松本医院にたどりつくまでの3ヶ月の経過を、ザッとメモしたいと思います。

(2014年9月から症状が軽い時点より、リュウマチクリニックに通院。アザルフィジンを服用していました)

--------
5/23(土)
腰がやや痛い/かがむと腰が痛いと感じ始める
5/25(月)
定期検診で行ったリュウマチクリニックでレントゲンを撮ってもらうが骨に異常なし。
先生は、骨には何も問題ないので大丈夫ですよ。とおっしゃっていた。
5/26(火)
午前中に整骨院で施術してもらって、かえって悪化。
激痛で一人で椅子に座れない、ピリピリっと痛い
助けがないと歩けない、座れない、立てないという状況。
その時点でも、私自身も腰痛だと思っていた。
5/27(水)
●近所のK整形外科へ
触診をして、「筋筋膜炎」と診断されボルタレンと胃薬の処方
腰のコルセットも装着してもらい、なんとか歩けるようになる。
だけど一日中痛む。足にも違和感、パンパンにはれてる感じがする
夜、横になっていても痛み、寝返りがうてず、とくに左側の骨盤がずっと痛む
5/28(木)
●セカンドオピニオン/ Tクリニック整形外科へ
やはり「筋筋膜炎」と診断され、痛み止めの注射を2本
6/7(日)
硬い椅子に座っていると、異常な痛み/腰の下部がだるさと痛み
左の骨盤、座骨神経あたりの痛み/足の付け根のどよ〜んとした痛み
6/8(月)
柔らかい椅子でも座っていられなくなる。鈍痛と激痛/血流がとても悪い感じがする
頭もジンジンする
6/9(火)
最初に診てもらったK整形外科へ 精密検査をしたいと伝え、紹介書を書いてもらう
6/10(水)
●O総合病院 整形外科
触診とレントゲン/整形外科としては何もすることはないと、横柄な態度で言われ、悔しい思いをした。
痛み止めの薬を処方をされたが、飲まなかった。
●同日にホームドクター(内科)に相談
骨盤上下をCTスキャンを撮ってもらい、結果は内臓、骨にも問題なし
6/13(土)
●ペインクリニック(整形外科)受診
触診とレントゲンの後、牽引とレーザーのリハビリ。椎骨のMRIを撮り、問題なしという結果。
6/19(金)
●ペインクリニック受診
あらためて触診 股関節にも問題があるようではないので、総合病院の神経内科の受診をすすめられる
6/22(月)
●リュウマチクリニック定期検診
今までの過程を話し、骨密度検査をしたところ骨粗しょう症であることはわかった。
先生は、私の痛みには何も触れず。
6/24(水)
●S総合病院 神経内科受診 丁寧な触診をしてくださった。
6/25(木)神経伝達速度検査 正常 6/30(火)筋電図 正常
「線維筋痛症」ではないだろうか、リュウマチクリニックで先生と相談してください、ということだった。
7/8
●りゅうまちクリニック受診 総合病院からの診断書をみて、私の症状を問題視せずリリカ処方
症状が段々重く、左足の筋肉の痙攣も強くなっていった
7/18〜8/12
西洋医学では治らないのなら中国式鍼灸院へ行くことに決め、週に2回を3週続けたが効果なし
8/18〜
別の鍼灸整骨院でトリガーポイントの筋肉への鍼を4回受けたが、更に悪化。
8/24
●りゅうまちクリニック受診
先生はカタチにはまった診察をしているだけで、今の私の痛みを分かってはくれないと感じた。
●S総合病院 神経内科再診
今回も丁寧な触診をしてくださった。
前回の検査時には左足の痙攣はなかったので、再度検査することに。

検査日を待つ間に手の強ばりの症状がでた。
この時に、「リュウマチに関係した免疫系?!」とピンときた。
ネットで調べてみたところ、「リュウマチ性多発筋痛症」という病名を知ることになった。
その病気の治療を調べてみると、ステロイドにより楽になる・・みたいなことが書かれていた。
ステロイドは、私の犬の治療にも決して使わないことにしているものだ。

さらに検索をかけた。そこで、「リュウマチ性多発筋痛症」が治った方の手記にたどりつき、
そこから「松本医院」を知るに至った。
そして、松本医院のサイトに掲載されている患者さんの手記をいくつか読ませていただき、
その夜から、1年間飲んでいたリュウマチクリニック処方の「アザルフィジン」を
飲むのを迷いなく止めた。この医院に行く!と決めた。

すでにS総合病院に予約を入れていたので9/8(火)神経伝達速度検査と筋電図を受け、もちろん正常だった。
「線維筋痛症」ということ、免疫系の疾患だとおっしゃった。今回は受け止めることが出来た。
リュウマチクリニックの先生と相談して治療して下さいと言われたときに、
今かかっているドクターはもう信頼できないので、松本医院にいくつもりだと伝えた。
神経内科の先生は、患者にたいして丁寧に診察してくださり納得はできた。

--------------
松本医院のサイトを読むと、家族の協力が必要だと書かれています。
私は、どこか調子が悪いときは、サッサと病院に一人で行くタイプです。
夫は健康なので、病院に行くのは歯医者さんくらい。頭痛すら知りません。
もちろん夫が健康なことは、とてもとてもいいことです。
ただ、私の自覚症状を全く分かってもらえない、説明をしても分からないようです。
「たいへんだねえ・・」と、言ってくれる感じです。
そして、病院に対しては、まず疑ってかかるのが基本。というスタンスです。
私が、一人で松本医院を先生の理論を信じて受診したいと思っていても、始まりません。
夫の協力が必要です。
サイトを読んでちょうだいとお願いしても、自分が興味のないものはなかなか読みません。
そこで、数人の方の分かりやすい手記を選んで、
ゆっくり噛みしめる感じで夫に読み聞かせました。
分かってくれたようです。「行ってみたいんだね?」と言ってくれたので、一安心^^
翌々日の午前中には松本医院に向かっていました。

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 以前の病院 Comments (2)