| main |
2015.09.29 Tue

初診日から18日

9月11日の夜から飲み始めた漢方薬と抗ヘルペス薬。
18日が経過しました。
最初に加わった症状は●下痢です。午後になるとほぼ水分・・多少の腹痛。
1週間後検診の日には、先生には言い忘れましたが
薬剤師さんにきいてみたところ、
食前に飲んでいる漢方薬の中に下痢をおこす成分のモノが2つほどある、
ひどくなるようでしたら、先生に相談して下さいというアドバイスをもらいました。
下痢に慣れてきていたこともあって、電話診療の時にも先生に伝え忘れ・・
2週間が過ぎた頃には●眼球の疲れ感が常にあります。
それから●四六時中、眠〜いです。

身体の自覚症状は当初からあった、腰の痛み、お尻のしびれ、左足の筋肉の痺れ、
両足の強ばり。手の強ばり。それぞれ自覚は強くなっています。
細胞レベルで免疫がバンバン戦っているのかなあ・・と思ってもみる。
さほど気にしていなかった首や肩も堅くて、
昨夜は首が神経痛?!と思ってしまう痛みも部分的にありました。

自覚症状の経過はキチンと把握しておくことは大事だと思っています。

仕事は、普通に行っています。とても近いので通勤の辛さはゼロ。
ただ仕事中は痛みは感じています。すごく集中している時は忘れたりもします。
痛みなどをなんとか慣れに変えて?乗り切っています^^v

にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 経過 Comments (0)
2015.09.29 Tue

初めての電話診療

9月27日
日曜日に電話ちょうだい〜
と、先生に言われていたので、かけなければいけない。
と、ちょっと躊躇しているのは、電話をかけた時はもちろん先生は診察中。
そこにいる患者さんのことを待たせてしまうのも、ちょっと気を使ってしまいます。
それから、先生にも用件をまとめてから端的に話さなければ成立しない・・
という思いが私にはありました。
先生「はい。Riliさ〜ん」
私「老人のような感じになってます」と、思わずこんなせりふが出た私。
先生「それではようわからんなあ」
私「腰や足の痛み、筋肉の痺れとかひどくなってます」
先生「アシクロビル4.3.4.3に増やそうか。え〜っと、10日分送ります〜」
保険の効かない抗ヘルペス薬が又増えた・・

先生の電話の後、数分してから事務の方から電話がかかってきました。
着払いであることや、時間の希望を聞かれました。
そんなわけで、電話でのやりとりの感じをつかめました。

薬は明くる日の午前中に到着しました。¥15,455あ〜きびしい〜
西洋医学の薬なのに・・保険きいたら助かるのになあ・・

にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村

Category: 電話診療 Comments (0)
2015.09.27 Sun

近所の鍼灸院をさがす

松本先生の理論では、鍼灸は必須になります。
灸は毎晩続けています。
完治された方の手記を読ませてもらうと、灸はけっこう頑張っている方が多いように思います。
私は、というと・・どうでしょう・・少ない方かもしれません。
腰上下と座骨あたりで8カ所、片足に6カ所くらいを夫にしてもらい、
自分では手首に2カ所、指は人差し指と中指、薬指に小さい小さいモグサをのせて
「ジッ」としています。自分でやるのは自分に甘くなって、少なくなってしまいます。
という具合に灸はなんとか家でやることが出来ています。

鍼。これは通える範囲で鍼灸院を見つけなければいけません。
2ヶ月ほど前に、台湾人の方が経営する鍼灸院に4回ほど通いました。
行かなくなったのは、さほど回復感がなかった(4回くらいでは分からないかも)のと、
1回¥6,480という高額にはついていけませんでした。
今日、歩いて15分の鍼灸院へ行ってきました。
サイトを見る限り、いい印象でした。
初診だったため、色々と問診があり1時間半くらい質問に答えたりしました。
問診をしてくださった方はアシスタントさん。
にこやかで優しい感じだったからか、
私も調子にのって?けっこうプライベートな話をしてしまったなあ・・
松本医院での血液検査の結果表と、漢方薬の処方箋も渡しました。

そして、個室へ。今度は院長さんが登場しました。
私の第一印象は、高圧的な女性。悪い印象です。
私の脈をとり、ベロをパッと見、顔色をチェックし、背中をポイントで押さえ、
肩を抑えて、「カチカチですね」・・そんなことは自分が一番わかっているぞ(内心思う)。
そして鍼を1本。足の付け根に刺して、10分間静かに横になっていました。
院長が戻って来て、横になっている私を見下ろす感じで、
院長「発汗はありますか?」 私「さほど」
院長「漢方の中に発汗するのも入ってますけどね」
院長「あまり合っているとは思えませんけど」 
漢方医学を研究し尽くしている松本先生の漢方処方を否定した!
あなたは、鍼の専門家であっても、漢方薬の専門家ではないでしょ?(心の中のつぶやき)

鍼1本! これが理解し難かったので、質問をしました。
なぜ1本なのか?
たくさん刺すと力が分散する、1本で集中させる方が効果がある!
というようなことでした。大先生が藤本蓮風という方でなんとか流派だそうです。
本も沢山書かれていて、色々な患者さんの症状を緩和させているそうです。
この治療が合う方も沢山おられるようで、この鍼灸院は繁盛していました。

私がお願いしたかった免疫促進の鍼は期待出来ない事が分かりました。
どなたかの手記にも書かれていました。
「理論が間違っていたりすると逆効果なので、良い鍼灸院を探すことが重要である」
初診料¥7,500お支払いしてきましたよ。鍼1本¥4,000!
無駄使いの気分ですが、行ってみないと分からないですね。
また、ネット検索です。

にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 鍼灸 Comments (0)
2015.09.27 Sun

初診から2週間

9月18日
初診から2週間が経ちました。
私の自覚症状は、なかなかつらいものがあります。
(松本医院に行くに至るまでの症状や病院巡り?のことは、また後ほど書く事にします。)
腰回りの痛み、お尻の痺れ、両足のこわばり(特に左足はこわばりの他に筋肉の痙攣もあり)と、
足先の痺れと冷たい感があります。
午前中は少し楽ですが、夜は症状が重くなります。
肩や首もカチカチな感じです。
それに加えて、元々胃が弱いこともあるのか、
違和感と軽く気分の悪さ(吐き気ほどでもない)もあります。

症状がつらくなっているのは、漢方薬で免疫をアップし免疫が機能している!
ということだと理解していることもあり、けっこう平気な顔をして今日も過ごしました。
(実際はつらいのは、つらい^^:)

にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 経過 Comments (0)
2015.09.22 Tue

初めて自宅でお灸

松本先生の治療で、東洋医学はとても重要となっていると、私は思っています。
漢方煎剤はもちろん鍼灸も重要です。
(私は処方されていませんが、漢方浴剤もあります)
お灸は自宅で毎日することもとても重要です。

松本医院内にある鍼灸院でお灸のレクチャーをうけましたが、最初は苦戦しました。
まずモグサを2枚のコルクのコースターにはさみ、コロコロ動かしてモグサをほそ〜く作ります。
それが、最初はなかなかコツがつかめませんでしたが、
2晩目はけっこううまくいきました。
手や足の表側は、自分でできますが、腰やお尻、足の裏側などは家族の助けがいります。
私の場合は、夫にしてもらいました。
男性の太い指で、細い細いモグサを4mmくらいをつまんで灸をするポイントに立てるのが大変のようでした。
でも、これも2晩目には「だんだん慣れてきたよ」と、言っていました。

モグサに線香で火をつけると、ほぼ一瞬で「熱!」と感じますが、ほんの一瞬なので誰でも我慢出来ると思います。
とにかく毎晩続けます。

モグサ/紫雲膏/線香/コルクのコースター2枚/
お灸の基本セット


にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 鍼灸 Comments (0)
2015.09.21 Mon

10日経った時点での自覚症状

抗ヘルペス薬と漢方を煎じて飲み始めて・・
私の症状は、劇的な変化はありません。
腰から足先までと手の違和感とこわばりはかわらず、
あちらこちらで時々ピリリっという痛みがはしっています。
そして、以前から喉というか気管にモノがつまった感じがずっとあったのですが、
そのつまった感じが増しました。咳も時々でます。
昨日はいつも以上に歩いたせいか、途中で足の付け根が特に痛く
足全体が固まった感じになりました。

自覚症状は悪くなっていますが、今は怖くもなく不安でもありません。
その原因が自分でも分かっているからです。
医院のサイトで先生の論文を何度も読んでいます。


にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 経過 Comments (0)
2015.09.21 Mon

1週間後検診

9月18日
1週間後検診に行ってきました。
今回は鍼灸を予約していたので、まず鍼灸室へ夫と入りました。
ここであらためて症状の説明。
どうやら病院とはリンクしていないのかな?っと思いました。
でも、患者さんは基本的にほぼ同じ方向で治療に挑んでいるということもあり、
まず免疫をあげる!そして、あとは直接私の体をみて触って色々チェックされ、
一人一人のお灸のすえるツボとかがちがうのでしょう(想像)。
毎日自宅でも灸をしたほうが効果があるので、夫が鍼灸師さんのやり方をみてなんとなく理解し、
私自身もモグサを細く仕上げる作り方等、レクチャーも受けました。
鍼灸は初診料も含め¥6,480。

その後、診察室へ。
今回も、先生は電話での診察が忙しく、合間に私の血液検査の結果をみて
単純ヘルペスの数値が高いことなどの説明をうけました。
HSV IgG EIA価126.9(正常2.0未満)
HZV IgG EIA価20.9(正常2.0未満)
抗AA-A/Ro抗体 陽性、FEIA法240以上(正常7未満)
RF定量81(正常15以下)。

抗ヘルペス薬2週間分、漢方煎剤2種類(保険が効かない)、¥21,220。
薬局での漢方煎剤2種類、¥2,860。

次回は電話での診察予定です。


にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 診察日 Comments (0)
2015.09.17 Thu

煎じる漢方薬

初診日の夜から、食前食後の漢方茶を煎じました。
煎じるための専用鍋を用意していなかったので、中くらいのサイズのほうろう鍋を使いました。
食前の漢方を煎じて冷ましている間に、食後用の漢方を煎じます。
我が家は1LDKのコンパクト住居なので、家中が漢方の臭いでいっぱいになりました。
臭覚のするどい夫には、相当ガマンのようです。

学生の頃、自宅では祖母が滋養強壮の漢方薬を煎じてくれたお茶を飲んでいました。
なので、今回処方してもらった漢方茶も平気だと思っていたので、
普通にお茶のようにゆっくり飲もうとしたところ・・
思わず「こ、これはダメだ・・」つぶやいてしまいました。
その後は、ぬるめでイッキ飲み方法となりました。
他の方の手記によると二番煎じも飲まれていると書かれていたので、
トライしようと思いましたが、一日6杯の漢方茶で私のお腹はユルユル。
何度もトイレに通うということが分かり、もったいないと思いながら二番煎じ茶はやめました。

漢方茶はかなり苦手な味ですが、一日6杯〜8杯くらいをがんばって飲みます。

大防風湯
漢方1-2

治打撲一方湯
漢方4-5


にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 経過 Comments (0)
2015.09.16 Wed

初診

2015年9月11日
市内から車で約1時間半くらいで高槻市駅前に到着。
どなかたの手記に書かれていた階段を上って2階にある松本医院へ。
待っている患者さんも多く、人がたくさんいる感じを受けました。
受付では「これを読んでください」というものを何枚か渡されました。
病院の待合室で待つ事が嫌いな夫を気にしながらも、
何でも知りたい私は渡された書類をきっちり読みました。
今までこちらの医院で病気が治った方の手記も、棚にたくさん並べられていました。
普段どこの病院に行っても、私は置かれている雑誌は読まない、
読めないといってもいいかもしれません。
自分の体の不調は雑誌等では紛れません。
でも、ここでは手記を読む気になりました。
気持ち的にプラスに働く気がしたからです。

先生の声で、アナウンスされ診察室へ。
中は、とても人とモノがいっぱい、という感じでしたが
これも、なんとなく想定内ではありました。
みなさん、がんばっている!感もありました。

先生の印象も、先生の書かれたホームページのほんの入り口ですが、
何度も読んでから受診をしたので、ほぼ違和感無く受診はしました。
先生のデスクがとても小ちゃいのが、忙しい先生にはこのコンパクトさがいいのかな?
とも受診とは関係のない感想もあったりして・・

診察中にも電話での診察が入るので、先生は絶え間なく診察をされています。
私との話は、「自分の免疫で治す!」その目標を再確認をした、という感じです。
それは、沢山の患者さんの手記を読んでいたので、
自分のすべき事は既に分かっていたからです。
先生とは、お約束の握手^^

たくさんの項目をしらべるための採血をしました。

初診/採血/抗ヘルペス薬のアシクロビル(保険が効かない!)、
煎じて飲む漢方薬、大防風湯/治打撲一方湯(保険が効かない分)。¥23,640
薬局では保険の効く分の漢方薬の処方。¥1,930

保険が効かなくて高額になるのは、経済的に厳しい私には不安材料ではあります。
でも、治すためにはここは踏ん張りどころ。

鍼灸の予約を1週間後にとりました。血液検査の結果も聞ける予定です。


にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村

Category: 診察日 Comments (6)