自分の免疫が自分の病気を治す

ARCHIVE PAGE: 2015年09月

No image
READ MORE

スポンサーサイト

No image
READ MORE

初診日から18日

9月11日の夜から飲み始めた漢方薬と抗ヘルペス薬。18日が経過しました。最初に加わった症状は●下痢です。午後になるとほぼ水分・・多少の腹痛。1週間後検診の日には、先生には言い忘れましたが薬剤師さんにきいてみたところ、食前に飲んでいる漢方薬の中に下痢をおこす成分のモノが2つほどある、ひどくなるようでしたら、先生に相談して下さいというアドバイスをもらいました。下痢に慣れてきていたこともあって、電話診療の時にも...
No image
READ MORE

初めての電話診療

9月27日日曜日に電話ちょうだい〜と、先生に言われていたので、かけなければいけない。と、ちょっと躊躇しているのは、電話をかけた時はもちろん先生は診察中。そこにいる患者さんのことを待たせてしまうのも、ちょっと気を使ってしまいます。それから、先生にも用件をまとめてから端的に話さなければ成立しない・・という思いが私にはありました。先生「はい。Riliさ〜ん」私「老人のような感じになってます」と、思わずこんなせ...
No image
READ MORE

近所の鍼灸院をさがす

松本先生の理論では、鍼灸は必須になります。灸は毎晩続けています。完治された方の手記を読ませてもらうと、灸はけっこう頑張っている方が多いように思います。私は、というと・・どうでしょう・・少ない方かもしれません。腰上下と座骨あたりで8カ所、片足に6カ所くらいを夫にしてもらい、自分では手首に2カ所、指は人差し指と中指、薬指に小さい小さいモグサをのせて「ジッ」としています。自分でやるのは自分に甘くなって、少...
No image
READ MORE

初診から2週間

9月18日初診から2週間が経ちました。私の自覚症状は、なかなかつらいものがあります。(松本医院に行くに至るまでの症状や病院巡り?のことは、また後ほど書く事にします。)腰回りの痛み、お尻の痺れ、両足のこわばり(特に左足はこわばりの他に筋肉の痙攣もあり)と、足先の痺れと冷たい感があります。午前中は少し楽ですが、夜は症状が重くなります。肩や首もカチカチな感じです。それに加えて、元々胃が弱いこともあるのか、違...
READ MORE

初めて自宅でお灸

松本先生の治療で、東洋医学はとても重要となっていると、私は思っています。漢方煎剤はもちろん鍼灸も重要です。(私は処方されていませんが、漢方浴剤もあります)お灸は自宅で毎日することもとても重要です。松本医院内にある鍼灸院でお灸のレクチャーをうけましたが、最初は苦戦しました。まずモグサを2枚のコルクのコースターにはさみ、コロコロ動かしてモグサをほそ〜く作ります。それが、最初はなかなかコツがつかめません...
No image
READ MORE

10日経った時点での自覚症状

抗ヘルペス薬と漢方を煎じて飲み始めて・・私の症状は、劇的な変化はありません。腰から足先までと手の違和感とこわばりはかわらず、あちらこちらで時々ピリリっという痛みがはしっています。そして、以前から喉というか気管にモノがつまった感じがずっとあったのですが、そのつまった感じが増しました。咳も時々でます。昨日はいつも以上に歩いたせいか、途中で足の付け根が特に痛く足全体が固まった感じになりました。自覚症状は...
No image
READ MORE

1週間後検診

9月18日1週間後検診に行ってきました。今回は鍼灸を予約していたので、まず鍼灸室へ夫と入りました。ここであらためて症状の説明。どうやら病院とはリンクしていないのかな?っと思いました。でも、患者さんは基本的にほぼ同じ方向で治療に挑んでいるということもあり、まず免疫をあげる!そして、あとは直接私の体をみて触って色々チェックされ、一人一人のお灸のすえるツボとかがちがうのでしょう(想像)。毎日自宅でも灸をした...
READ MORE

煎じる漢方薬

初診日の夜から、食前食後の漢方茶を煎じました。煎じるための専用鍋を用意していなかったので、中くらいのサイズのほうろう鍋を使いました。食前の漢方を煎じて冷ましている間に、食後用の漢方を煎じます。我が家は1LDKのコンパクト住居なので、家中が漢方の臭いでいっぱいになりました。臭覚のするどい夫には、相当ガマンのようです。学生の頃、自宅では祖母が滋養強壮の漢方薬を煎じてくれたお茶を飲んでいました。なので、今回...
No image
READ MORE

初診

2015年9月11日市内から車で約1時間半くらいで高槻市駅前に到着。どなかたの手記に書かれていた階段を上って2階にある松本医院へ。待っている患者さんも多く、人がたくさんいる感じを受けました。受付では「これを読んでください」というものを何枚か渡されました。病院の待合室で待つ事が嫌いな夫を気にしながらも、何でも知りたい私は渡された書類をきっちり読みました。今までこちらの医院で病気が治った方の手記も、棚にたくさ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。