| main |
2017.04.16 Sun

知らなさ過ぎるヘルペスウィルスのこと

あらためて、ヘルペスウィルスのことを、松本先生のコラムの引用で書いてみます。

人類の体内における悪魔のウィルスがヘルペスウィルス。
発見の順番に番号がついています。
今のところ8種類です。

1. 単純ヘルペスウイルス1型
2. 単純ヘルペスウイルス2型/性器ヘルペスなど
3. 水痘・帯状疱疹ウイルス
4. エプシュタイン・バール・ウイルス(EBウィルス)
5. サイトメガロウイルス/肺炎、網膜炎
6. ヒトヘルペスウイルス6/突発性発疹、脳炎など
7. ヒトヘルペスウイルス7/突発性発疹
8. ヒトヘルペスウイルス8

私は初診時(2015.9月)の血液検査の結果は、
単純ヘルペスの抗体値126.9/水痘帯ヘルペスの抗体値20.9でした。
この頃は、まだEBVとCMVのチェックはなかったです。
一番の受診のきっかけは腰の痛みと、左足の力みでしたが、
先生が書かれているヘルペスウィルスで起こる症状の羅列の中には、
私が普段経験している症状が多く、「えっ?ついでに治るの?」みたいな心境でした。
松本医院のサイトを読むまでの私のヘルペスの認識は、
疲れたら唇に出来るデキモノ、というレベルでした。

名前も何だか嫌いだったし^^;

松本先生のコラム抜粋1/
 ヘルペスと診断して良くした症状の全てを思うままに書いておきましょう。
頭痛、偏頭痛、顔面神経麻痺、三叉神経痛、耳鳴り、難聴、突発性難聴、熱性痙攣、めまい、立ちく らみ、吐き気、車酔い、船酔い、慢性疲労症候群、五十肩、四十肩、肩こり、首こり、倦怠感、口内炎、口唇炎、口角炎、しわがれ声、いつまでも続く喉の痛 み、慢性的な喉の詰まり・違和感、寝汗、異常な汗かき、こむら返り、顎関節症、歯肉炎、歯周炎、筋肉の痙攣、目の結膜の痛み・違和感、目の奥の痛み、ブド ウ膜炎、目の強膜炎、目の脈絡膜炎、虹彩炎、リウマチ性多発筋痛症の筋肉の痛み、線維筋痛症の筋肉の痛み、漢方で梅核気といわれる喉の詰まる症状、いわゆ る自律神経失調症、熱の出ないあらゆる種類の腹痛、
などなどでありますが、結局のところ人体のあらゆる神経に潜む力がある
ヘルペスウイルスと免疫が戦うときに見られる症状であり、いわゆる病気であります。
 あげれば全ての原因不明といわれる病気の全ては、ヘルペスと免疫との戦いに症状に過ぎないのです。

松本先生のコラム抜粋2/
そもそも人体に必要なものは5大栄養素と酸素と水だけです。
それ以外は全て異物であり毒薬ともいえます。
ただひとつ例外があります。それは感染症 で用いられる抗生物質です。
これは明確に致死的な細菌を殺すことが可能であるからです。
それ以外の薬はほとんどが免疫抑制剤であり、
免疫を抑制する間何が起こるかについては不問にされるのみならず、
免疫を抑制したときに必ずリバウンドという離脱症状による症状の増悪が必ず見られます。
教科書には症状が一時 的によくなることを寛解とよんでいます。
寛解させるという目的で薬を使うとよく書かれていますが、
寛解させている間に見えない敵が跳梁跋扈していることに は一言も触れていません。
例えば一番ひどい話がヘルペス感染症であります。

もうひとつの例はストレスが免疫を抑制するメカニズムについての説明です。

 まずヘルペスについてですが、どんな本を読んでもヘルペス感染症が生じるのは
免疫が抑制されたときであると書いてあります。
これはうそであります。
免疫が抑制している間に実は成人の誰もが持っている
ヘルペスウイルスは語根の神経節から免疫監視機構が弱まっている間に
自由奔放に神経細胞から 神経線維に沿って次々と皮膚の表面に増殖していくのです。
元来、ヘルペスウイルスはいわば人間と共存できる無害なウイルスなのです。
言い換えると正常な免疫の前にはヘルペスは手も足も出ないのです。
免疫が弱まったときに初めて日和見的に皮膚に出てしまうのです。
ところが免疫が復活したときにすぐに戦いがはじまり
皮膚から排除しようとするときにその戦いが症状として観察されるのです。
医者はこの症状を取るために再びステロイドを用いて見掛けをよくしようとするのです。
さらに皮膚科などはほとんど全ての皮膚病に対して90%ステロイドを用いるものですから
自分達が病気を作っている ----

 ふたつめにはストレスが免疫を抑制するのは簡単なメカニズムです。

このメカニズムを知っているのも私だけというのは嘆かわしいことです。
つまり心理的社会的ストレスがかかるとまず情動の中枢である視床下部に伝えられ、
そこにある自律神経の中枢でもある視床下部にある交感神経に伝えられると 同時に、
ストレスに耐えるためにストレスホルモンである副腎皮質ホルモンを作らせる準備をさせます。
まず視床下部からCRHというホルモンが作られ、これ が下垂体に伝えられ、
下垂体からACTHというホルモンが作られ、
それが副腎皮質に伝えられステロイドホルモンであるコルチゾールが作られるのです。
すると、コルチゾールは好中球は増やすのですが、
高等脊椎動物だけが有するリンパ球を一時的に減らし、
エネルギーを精神的なストレスに向けさせるのです。
つま り肉体的なストレスに対抗するのはいわば免疫であり、
その免疫の働きを一時中断させるのですが完全に中断させてしまうと
急を要する感染症に対抗させるために
自然免疫である好中球だけを一時的に増やすという対抗策をとるのです。

医者は膠原病の患者にこのような理由も知らずに
『ストレスをかけないような生活を してください』と言い続けるのでありますが、
一方ではまさにストレスをかけられたときに生じる免疫抑制を
やってはいけないと間接的に述べているのにもかか わらず、
自分が出す薬はステロイドをはじめとする免疫抑制剤を治療薬として投与するという
支離滅裂な治療が教科書に書かれている治療法なのです。

とどのつまり一言で言えば、治らない病気の治療薬は全て免疫抑制剤ですから
矛盾と混沌の中に現代医学が落ち込んでいるのです。
にもかかわらず新しく出てくる膠原病やアレルギーの薬は
ますます免疫を抑えるだけに優れた薬が革新的な薬と銘打って市場に出回ることになるのです。
ひとつひとつの教科書の記述に対して正しい反論をしたいのですが、きりがありません。

痛みの原因として
一番多いのはヘルペス性の神経炎でありますが、
どんな痛みの本を読んでも一行も触れられていません。
さらに世界中の医者は、自律神経でヘルペス性の炎症が生じて症状が出ても、
外から神経にいるヘルペスと免疫の戦いが見えないものですから、
ヘルペスが原因であるとは決して口には出さず、
適当に自律神経失調症という病名をつけるだけで事足れりとしているのです。
さらに全身の知覚神経(痛覚神経)でヘルペスと免疫が戦うときには、
痛みで動くことさえもできなったりするのですが、
これを原因不明の線維筋痛症という病名をつけるだけで、
その原因については解明しようとしないのです。
ここで、交感神経と副交感神経の働きと、交感神経や副交感神経でヘルペスと戦うと、
つまりヘルペス性の炎症がそれぞれの神経で生ずると、
どんな症状が出るのかについて説明していましょう。

ご存知のように、自律神経とは、作用が相反する2つの神経、
すなわち交感神経と副交感神経に分類されます。
脳や脊髄には自律神経の中枢があり、それぞれ全身の末梢神経に自律神経線維を送っています。
自分の意思でコントロールすることはできません。
交感神経の役割は、闘争、逃走、緊張の神経で、
昼の活動時に優位になるので昼の神経とも呼ばれます。
副交感神経の役割は回復、休息で、夜の睡眠時に優位になるので夜の神経とも呼ばれます。
ヘルペス性交感神経炎の症状としては、常に怒ったり、興奮したり、落ち着きのない状態。
従って夜も不眠症になりやすくなります。
ヘルペス性副交感神経炎の症状としては、常に眠たい、しんどい、疲れやすい症状がみられます。

ここまで抜粋


先生のコラムや、「ワッハッハッハ」がはいってますが^^;論文なども
知りたい知識が書かれているのですが、医学的な生物学的な基本知識が全然足りていない私には、
読んでいる途中で挫折する事は常です。
が、合間にみえる理系でない人でも?分かる箇所は、何度も読んでいます。
自分の自覚症状がヒドくなっていても、辛くても、
それは自分の免疫が正しい事をしている、頑張っている、
という基本中の基本を真実として理解しているので、何とか頑張れています。
今となっては、気軽にその辺の病院や総合病院へ行く気にはなりません。

ドクターの中には、人間的に優れた人や病気を治してやりたい、
という思いで頑張っている人もいらっしゃいます。
でも、大学で学んだことや、製薬メーカーからの新薬を、
疑ってみるくらいのドクターに出会いたいものです。
松本先生は、深く知れば?変わった人でもないと、私は感じています。
普段の様子からは、「変な先生」「難しい先生」などですが、

松本先生に習いたいと思う現役のドクターが何故現れないのか不思議で仕方ありません。
アシクロビルの保険不適用にいたっては、知れば知る程、信じられない気持ちです。

医者が認識しないのであれば、一般の方達に知られるようになれば、
医学の、世界の医学、治療をするという意味での医学の捉え方が、
変わってくれるかもしれません。



読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 独り言 Comments (3)
2017.02.14 Tue

ヘルペスウィルス感染症、という本

NaokiさんのTwitterのつぶやきで、Naokiさんも松本先生もお持ちの?
「ヘルペスウィルス感染症」というレアな本が、
amazonで1冊だけ出ている!という情報。
直ぐにリンク先に飛びました。
新品本は残り1冊で5,000円だったかな?
ふと見ると、[中古本]があるようで、そちらをクリックしたら
こちらも残り1冊!
値段は¥3,473、送料を入れて¥5,000弱でのゲットです。

それにしても、医学生なのかドクターなのかは分かりませんが、
こんな貴重は本を専門家が手放していいものか?
と、思いました。私は安くゲット出来ていいのはいいのですが^^;

内容は、Naokiさんや先生にはいい本でしょうね。
私には?確かに難解すぎます。。が、興味のあるタイトルに目がいきます。
「免疫低下と単純ヘルペス」の箇所は、私には必須だな・・

まずは、私に出来ること、で、ご紹介したいこと、
のっけの「序文」から引き込まれたので、序文をそのままリライトいたします。

以下リライト

序文
ヘルペスウィルス科のウィルスは、ヒトを宿主とするものとして既に7種が確定しているが、
現在、1994年にAIDS患者のカポジ肉腫より見出されたDNA断片が
8番目のヒトヘルペスウィルスとして加わろうとしている。
この8番目のヒトヘルペスウィルスは、PCR法を応用してDNAの引き算を行うという、
これまでのウィルスの発見法とは全く違った方法により発見されている。
これを代表として、近年、分子生物学的手法の向上に伴って
新たな事実が明らかになりつつある。

我が国で抗ヘルペス化学療法薬が使用されるようになってから、
十年余を経過したが、ヘルペスウィルスは潜伏感染するという共通の特徴を持っており、
回帰発症により再発を繰り返すという性質上、患者数が急激に減少するということは考えにくい。
また、潜伏感染したウィルスを排除する方法の確定しない限り、
ほとんどの人は何らかのヘルペスウィルスの再活性化の可能性を持っていることになる。
さらに、初感染年齢の上昇や、高齢化による帯状疱疹の増加、
医療技術の進歩による医原性の免疫抑制状態やAIDSなど、
ヘルペスウィルス感染症をめぐる問題はいまだに山積している。

これらの観点から、本書「ヘルペスウィルス感染症」は、
ヘルペスウィルス感染症に関する知見を一冊にまとめることにより、
ヘルペスウィルスが感染症の診断、治療などにおける課題がより明確になり、
今後の進展の一助となることを期待するとともに、
実地臨床家の日常診療に益するところが多いものと信じている。

平成8年7月
新村眞人
山西孔一

以上 リライトでした。
20年前ですね、この本がでたのは。。

doctors1.jpg

doctors2.jpg

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 独り言 Comments (4)
2017.02.04 Sat

脳神経外科に行ってみた

昨年末にNaokiさんにお会いしたとき、
彼がつぶやいたフレーズ
「Riliさんの症状は9割はヘルペスウィルスで説明がつくけど、後は神経ですよねえ」
「ぼくは未だ勉強していないんですよね、勉強しないといけないんですよねえ・・」

それは私自身も一度は探って?みたいと思っていました。
それで、少し病院検索をしてみました。
総合病院に行く気にはなりません。
なので、地下鉄で行ける範囲の脳神経外科を探しました。

1箇所、気になるサイトを見つけました。
痺れや神経痛について、かなり詳しく書かれていました。
院長が書かれたものだと思います。

私も、痺れと戦いながら、インターネット検索での方法ですが、
神経痛や筋肉の構造など、沢山勉強をしました。
整体師顔負け?くらいの頭でっかちになってるかもです^^;

先週の土曜日、初診の場合は11時半までに入らないといけません。
家を出るのがちょっと遅れ、病院の最寄り駅で11時半になってしまったので、
電話をかけて5分後にははいりますので、とお願いをしました。

着いてみてびっくらこ!
松本医院も顔負けの土曜日の混み具合・・
でも、病院の印象はThe平成な感じで、キレイ。
松本医院はThe昭和ですからネ^^

順番は意外にサッサと回ってきました。
診察室1に入ると、院長先生がパソコン3台の前におすわり、
受付で渡していた昨年撮ったMRIのCD-ROMを手に、
「何のMRI? 今見なあかんの?もうこんな時間やから」
へ?
レポートも書いて渡していましたが、見る気配ゼロでしたので、
少し説明をしました。
この先生は、段取りとかスピードが優先順位なのかな?
一応、ベッドに横になり、骨盤辺りを抑えて確認をされました。
しぶしぶ、MRIもご覧になり、、
ヘルニア、、ちょっとちょっとはあるけど、
もうこんな時間やけど、遠くから来てるみたいやし、と思ったからね、
(そんな事情は松本医院ではどうなるんやい?)
続いてスムースにレントゲン室に呼ばれ、腰骨あたりを撮った様子。
続いて動脈の詰まり程度の検査をしました。
再び診察室へ。
どちらもたいした問題もなく、同じような症状で治療している人が居ますから、
薬を飲んでいきますかね。
サインバルタは保険が効くようになったと思うので、
(ここでパソコンより薬の情報をゲットし、プリントアウトされていました)

目眩もあるのですが、と言うと、
それは又、別や。また今度にして。
私もこの時点で、先生への接し方が分かって来ていたので?
大人しく?返事をし、採血はされて帰ってきました。

処方された薬は
プロレナール/リリカカプセル/リオレサール/サインバルタ

今更リリカって、、
帰ってサインバルタも調べると、抗鬱剤で神経痛にも効くようでした。

やっぱり。
という結果でした。

とっても人気の?病院のようでしたが、免疫を抑える薬をだす病院が普通の病院だったよな。
と、今更ながら再確認をするだけでした。

腰や、臀部や左足、左足は狂ったようにジンジンズンズンしています。
漢方薬を飲んで、アシクロビルを飲んで、ひたすら続ける事が回復への
ただ一つの方法だと再確認でした。

そして、今日は高槻へ行きました。
The昭和で、混んでいました。
初診者多数をお見かけしました。

私も、初診から1年と5ヶ月経過。
アシクロビルの保険適用願います!


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 独り言 Comments (2)
2017.01.02 Mon

あのNaokiさんにお会いしました。

松本医院で治療をされている方なら、大抵の方がご存知である
あの?Naokiさんにお会い出来ました。

私は、2015年の9月の初診の後、検索中にNaokiさんのblogを見つける事ができました。
その時は、すでに治られてから数年経過の「シ〜ン」としているblogでした。
ですが、松本理論概論のpdfなど、知りたい事が満載なblogが貴重な存在となりました。

そして、2016年の4月に新たな投稿があり、
私も思わず長いコメントを書かかせていただいたのが最初です。
そこからの私はもう、迷惑なくらいコメントを書かせてもらいました。

「クローン病」すら知らない私でしたが、松本医院の患者さんの書かれているblogで
私が頼りになる?と感じたものは、ほぼクローン病の治療中の方のものでした。
私の場合、症状の原因のほとんどがヘルペスウィルスによるものだと、
だんだん理解していましたが、Naokiさんのblogにもそのことは書かれてなくて、
クローン病の方は、ヘルペスは関係ないのかしら??
と思ったりしていました。

やはり、そうではなく皆さん最後はヘルペスとの戦いだと、
Naokiさんも理論で説明してくれました。
こんな心強い味方は他には居ない!
そう思いました。

年末のblogで、Naokiさんの松本医院受診後に「僕に会いたい方は知らせてください」
みたいな内容のInformationが目に入り、早速連絡をとらせていただきました。

12月28日の夜、京都で2時間弱の時間をさいていただきました。
私の話がアッチコッチに飛びながらも、適切にこたえていただいたり、
真剣に考えて暫く沈黙、、という場面では、真面目に物事を学ぼうとする姿勢を感じました。

後半で、
Naokiさんが、素朴に質問してくれましたね。。
「正座を長くしていると痺れる、、ああいう感じですか?」

そういう観点で気づいて質問をしてくれた人は、まぁ、1年ですけど、いませんでした。

こんなに、的が正確な人は居ないでしょう、、強く感じました。

私が、まるでドクターにするような意見を求めてしまったりしていると、
Naokiさんは、僕は松本理論のトランスレーターというだけです。
と、おっしゃいました。それは誰にでも出来る事ではないのですが。

Riliさんのの症状は、9割はヘルペスウィルスで説明がつくけれど、、
神経も、、僕は神経の勉強はまだしていないので、もっと勉強をしなければ、、
と、つぶやかれていました。

私は高校は田舎の進学校で勉強をしました。
1年生のクラスメイトには、東大や京大に進んだ子達がいました。
2年生になると、私は文系クラス、彼らは理数系クラスに進みました。
文系クラスでは、分からない数学の問題をパッと質問をすると、
サササッと答えてくれる人は居なくなり、
その後も残念ながら?私のような文系人間に囲まれて暮らしてきました。

Naokiさんは、私が高校1年生の時に問題を解いてくれた彼らに再会したような
懐かしい気持ちになりました。ホッとした感じもありました。

Naokiさんとの出会いは、とても貴重な出会いだと強く感じています。


Naokiさんも言われてました、松本医院での治療は長くゆっくりかかるもの、だと。

私も思います。
今まで受けて来た標準治療は、短期で治る(症状を消す)のが当たり前だという考え方、
私達は思い込んでしまっているということに。


まず、その思い込みから目を覚まし、ジワジワと自分の体を健康に近づけましょう。

withNaoki9san20161228mini.jpg



読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村


Category: 独り言 Comments (2)
2016.10.29 Sat

正しく飲めば、薬。

年々、季節の変わり目が微妙で、健康な人でも体調を崩しそうな気候ですね。

私は、まあ、相変わらずリバウンド真っ盛り〜で、ツライです。
精神的には、時々すごく冷静なことがあり、自分なりに分析をしたり?です。

松本医院で処方していただく、漢方薬2種類とアシクロビル。
最初の半年くらいは、今まで何十年もそうだったように、
病院でもらった薬(処方というより、もらったという意識が強かった)は、
なんとなく理解して、なんとなく言われた通り食後とか食前とかに飲んでいました。
それは、食事の時間がずれても、薬と薬の空いた時間のことなど気にせず、
朝寝坊をして朝食が10時になった時も、お昼は12時に飲んだり・・・

薬の飲み方は、そんな感覚で飲んで来てしまっています。
半年程前に、松本医院の処方薬局、藤田薬局で待ち合いで待っていた時、
初診の患者さんに「常に体内に免疫をあげる成分があるように飲むんです」、
「通常より量が多いのは、免疫をあげるのを早くするためです」・・・
これは、保険適用以外の量があることも先生の治療の意図がある、ということですね。

この会話を聞いてから、私も漢方薬を飲むにあたって、
意識するようになりました。

でも、アシクロビルに関しては、朝昼夕と寝る前に飲む、という4回を意識しているだけでした。
つい先日、ネットで

“作用時間が短く、1日に何回も服用しないといけない”

という風に、アシクロビルのことが書かれていました。
それで今頃なのですが、1日に4回も飲む意味を理解したという、トホホな私です。

何に効く、ということだけでなく、どのくらいで体内に吸収される、、
みたいな事も理解していれば、薬を飲む行為も「自分で管理する」という意識が働きます。

ここにきて、正しい薬の飲み方が分かってきた感じです。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 独り言 Comments (0)