| main |
2015.10.18 Sun

鍼灸整骨院

自宅近辺の鍼灸院探し。
2週間前に、地下鉄で一駅のところにある「鍼灸整骨院」に
行ってみたところ、まあまあという感じでした。
鍼灸院ではなく、あくまでも整骨院なので、
来院者のほとんどはマッサージ等の施術を受けています。
私は一番奥のベッドで、鍼と温灸、そしてマッサージを受け始めました。
昨日は2度目。最後のマッサージは左足をメインにしてもらいました。
私の自覚は、常に緊張をしていて筋肉がつっぱっている感じ。
整体師さんも、「すっごい緊張してますね」と実感されて、
かなり丁寧にマッサージをしてくれました。
担当のお兄ちゃんも感じがいいし、しばらくはここに通う事にします。

それから、目の痛みがつらいので入浴中に
手で目をあたためたりしています。
そこで思いついたのが、目をあたためる何かがあるはず!
ネット検索してみたところ、迷うほどありました!
ついでに、腰などを蒸気であたためるものも試してみる事にしました。

hot

それにしても、モグサで灸をしてくれる鍼灸院はなかなかないなぁ。

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 鍼灸 Comments (0)
2015.09.27 Sun

近所の鍼灸院をさがす

松本先生の理論では、鍼灸は必須になります。
灸は毎晩続けています。
完治された方の手記を読ませてもらうと、灸はけっこう頑張っている方が多いように思います。
私は、というと・・どうでしょう・・少ない方かもしれません。
腰上下と座骨あたりで8カ所、片足に6カ所くらいを夫にしてもらい、
自分では手首に2カ所、指は人差し指と中指、薬指に小さい小さいモグサをのせて
「ジッ」としています。自分でやるのは自分に甘くなって、少なくなってしまいます。
という具合に灸はなんとか家でやることが出来ています。

鍼。これは通える範囲で鍼灸院を見つけなければいけません。
2ヶ月ほど前に、台湾人の方が経営する鍼灸院に4回ほど通いました。
行かなくなったのは、さほど回復感がなかった(4回くらいでは分からないかも)のと、
1回¥6,480という高額にはついていけませんでした。
今日、歩いて15分の鍼灸院へ行ってきました。
サイトを見る限り、いい印象でした。
初診だったため、色々と問診があり1時間半くらい質問に答えたりしました。
問診をしてくださった方はアシスタントさん。
にこやかで優しい感じだったからか、
私も調子にのって?けっこうプライベートな話をしてしまったなあ・・
松本医院での血液検査の結果表と、漢方薬の処方箋も渡しました。

そして、個室へ。今度は院長さんが登場しました。
私の第一印象は、高圧的な女性。悪い印象です。
私の脈をとり、ベロをパッと見、顔色をチェックし、背中をポイントで押さえ、
肩を抑えて、「カチカチですね」・・そんなことは自分が一番わかっているぞ(内心思う)。
そして鍼を1本。足の付け根に刺して、10分間静かに横になっていました。
院長が戻って来て、横になっている私を見下ろす感じで、
院長「発汗はありますか?」 私「さほど」
院長「漢方の中に発汗するのも入ってますけどね」
院長「あまり合っているとは思えませんけど」 
漢方医学を研究し尽くしている松本先生の漢方処方を否定した!
あなたは、鍼の専門家であっても、漢方薬の専門家ではないでしょ?(心の中のつぶやき)

鍼1本! これが理解し難かったので、質問をしました。
なぜ1本なのか?
たくさん刺すと力が分散する、1本で集中させる方が効果がある!
というようなことでした。大先生が藤本蓮風という方でなんとか流派だそうです。
本も沢山書かれていて、色々な患者さんの症状を緩和させているそうです。
この治療が合う方も沢山おられるようで、この鍼灸院は繁盛していました。

私がお願いしたかった免疫促進の鍼は期待出来ない事が分かりました。
どなたかの手記にも書かれていました。
「理論が間違っていたりすると逆効果なので、良い鍼灸院を探すことが重要である」
初診料¥7,500お支払いしてきましたよ。鍼1本¥4,000!
無駄使いの気分ですが、行ってみないと分からないですね。
また、ネット検索です。

にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 鍼灸 Comments (0)
2015.09.22 Tue

初めて自宅でお灸

松本先生の治療で、東洋医学はとても重要となっていると、私は思っています。
漢方煎剤はもちろん鍼灸も重要です。
(私は処方されていませんが、漢方浴剤もあります)
お灸は自宅で毎日することもとても重要です。

松本医院内にある鍼灸院でお灸のレクチャーをうけましたが、最初は苦戦しました。
まずモグサを2枚のコルクのコースターにはさみ、コロコロ動かしてモグサをほそ〜く作ります。
それが、最初はなかなかコツがつかめませんでしたが、
2晩目はけっこううまくいきました。
手や足の表側は、自分でできますが、腰やお尻、足の裏側などは家族の助けがいります。
私の場合は、夫にしてもらいました。
男性の太い指で、細い細いモグサを4mmくらいをつまんで灸をするポイントに立てるのが大変のようでした。
でも、これも2晩目には「だんだん慣れてきたよ」と、言っていました。

モグサに線香で火をつけると、ほぼ一瞬で「熱!」と感じますが、ほんの一瞬なので誰でも我慢出来ると思います。
とにかく毎晩続けます。

モグサ/紫雲膏/線香/コルクのコースター2枚/
お灸の基本セット


にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 鍼灸 Comments (0)