自分の免疫が自分の病気を治す

CATEGORY PAGE: 経過

No image
READ MORE

周波数をとらえられないときの雑音のような

3月の投稿は一つしか書けませんでした。これでは、何の役にもたたないblogです。日常生活が普通にできているか?と、問われたら、う〜ん。出来てるとは言えない感じです。朝、目覚めると、シェーグレン症候群の抗体値があがっているからか、ちゃんとしゃべれないくらいカラカラで、起きるとまず、歯茎をマッサージするように動かし、水分をなじませて口をすすぎます。これで、ちゃんとしゃべれます。一日中大丈夫です。朝食から、...
No image
READ MORE

辛いピークは過ぎたかも?

このところ、同じく松本医院で受診されている患者さんにコメントをいただいています。貴重な体験・どんな症状だったのか・・みたいなお話は、手記を読むより気持ちの励みになります。もちろん手記は手記で大切ですが、なかなか自分と同じ経験をされているひとはお目にかかれず、孤独感がちょっとありました。松本理論は相当理解を深めてきましたが、それでも「私は違う?かも?治るのかなぁ・・」そんな風に不安に思っている時に、...
READ MORE

免疫が攻める!

昨年の9月の初診より、下半身の自覚症状が強くなりました。それでも、今思えば自宅でするお灸も、数はしれていました。それは体がとても要求していたわけでは無かったから・・と言えます。手記の記載に、何時間でもお灸をすえていられる、、とか、書かれているのを読んだ時には、あまりピンっときていませんでした。今の私は、毎晩のお灸をしないと一日が終わりません。私の場合は、温灸の「弱」を使っています。数ヶ月前は、せい...
READ MORE

ツライ体調経験真最中

2015年も、あっという間に終わる感じがします。私の場合、5月25日に腰の激痛が始まって7ヶ月。病院、整骨院、鍼灸院巡りをするはめになり、痛みや痺れが常にあり、我慢の毎日が続いています。松本医院での治療を始めて、初診の時には既にあった左足の症状。その症状がだんだん強く・酷くなるのが、言われているリバウンドなのか?などと不安になったりもします。今現在、感じている症状は、今まで経験をした事がないものなので、本...
No image
READ MORE

神経節に潜んでる?

単純ヘルペスの数値が2ヶ月で半減。神経節に潜んだヘルペスウイルスと、私の免疫が戦っている結果です。もっと下がって早く正常値に落としたい!という気持ちはあれど、そのことでの、身体の変化には意識は行かず、ただひたすら、日々自覚する下半身の痺れに耐えています。仕事中も、仕事に集中し過ぎて忘れる・・ということは全くなく、ジンジンジン。毎日、黙々と漢方を煎じ飲み、抗ヘルペス薬を飲み、冷える足と腰に温灸をすえ...