| main |
2018.03.27 Tue

久しぶりに受診

火曜日の午後に高槻へ行きました。
電車では不安だったのですが、経費削減のためにも久しぶりにトライしました。
案の定、途中乗り換え間違い^^;
関大前まで行って、気がつきました。
関西人だけど、関係の無いエリアはトンとわかんない。。

慌てて、乗換駅までひっかえし、無事に京都行きに乗れました。

到着すると、なんと、待合室ゼロ人!
診察室からは先生の声が聞こえるから、お一人受診中ということかな?
と、思ってしばらく待っていると、看護師さんに呼ばれて中に入ると、
どなたも居なくて、電話診療中だったようです。

先生は、ここ最近の保険問題関係の雑談をされました。
そして、アシクロビルの予防薬としての重要性も。
私もそれは十分理解しています。

けっこう長く雑談の後、私のカルテも久しぶりにチェックをしてくれてました^^
貧血はあるんとちゃうか?と言いながら、血液検査結果数値をチェック。
ちょっと低いけど、大丈夫やな・・
サイトメガロウイルスは末梢神経にはいかんから、
単純ヘルペスの数値みるから・・ということで採血。

先生の私への診断は、サイトメガロウイルスではないと、本気で考えているようだと、
改めて認識しました。

今回は、みんなちゃうんや。という私の思いと一致した意見もポロリと仰いました。
私は、同じ漢方薬を飲んでも、体質、血管の太さも細さも、伝達物質の個人差や色々。
症状の現れ方も、皆それぞれが当たり前で、効き方だって、効かなさ具合?とか、
違うのだから、ヘルペスの戦いだって違うはず。
そして、症状を起こしている犯人も一人ではないと思っています。

保険診療でいけるからね。アシクロビルは欲しいですか?と先生。
えっと、減らしてもイイですか?
ええよ。
じゃあ、一日10錠で。
ほな、一回3錠を3回で9錠にしとくか?
はい、それでお願いします。

ということで、松本医院でのお会計は採血もして ¥18,310。
藤田薬局で ¥2,910 合計¥21,220
これでも高いけど、保険適用外だった期間と比較すると、まぁいっか。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Category: 診察日 Comments (2)
2017.05.06 Sat

日本人の70%が保有するサイトメガロウィルス。

連休の合間の診察日に受診しました。

待合室は、、えらいこっちゃ・・・ 状態でした。
スリッパ、ありません。
(他人の履いたスリッパの苦手な方にはかんけーないですが)
立っているスペースすらなく、トイレの前に立ちました。

幸い私はすぐに鍼灸に呼ばれました。
相変わらずの症状を伝えて、施術をしていただきました。
終って待ち合いに出てから、受付で私の順番を確認をしました。
24番目。。。
「喫茶店でサンドイッチを食べている時間はありますね」
「はい、ありますね」
という会話をして、私は隣の喫茶店でサンドイッチセットを
比較的ゆっくり食べました。
お尻が痺れるので、固い椅子に座っているのがツライので、
長居もできません。

30〜40分たってから病院にもどると、、
相変わらずな風景。
順番を再度確認した所、19番目。

今日は初診の人が多いです、と通りかかった看護士さんから情報が。

このところ、目の奥が重くて眠い感覚があって辛いので、
椅子に座って目を閉じて、じっと待つ事にしました。

最終的には、見た事がある?患者さんの顔が残っていました。
1年7ヶ月前にアトピーで見かけた男の子は、
身長が伸びて、顔はツルツルになっていました。

実は、今回の受診はドキドキでした。
そうです、前回の採血でサイトメガロウィルスの抗体値の検査をお願いしたからです。

痺れがヒドくなる一方だし、私と似た症状のある女性が検査をしたことにも影響されて、
検査の必要性を感じたからです。
出来れば、陰性であってほしい!
という気持ちはもちろん強かったですが、もし陽性であれば、
この痺れの犯人が確定っぽくなるな、とも思いました。

Naokiさんが、昨年末頃にサイトメガロウィルスのことを
弟さんが怪獣の名前みたいでかっこいい!
と言っていたというのを読んで、ホントダワ^^
と思った事もあり、名前は直ぐに覚えてしまいました^^;
EBウィルスは最近やっと暗記した^^;

患者さんが多すぎて、先生も声がガラガラで気の毒なほどでした。
私の数値は先生と良い勝負?で、576.0でした。
あ〜、やっぱり。。
先生も、このところ何人も数値の高い結果を見ているせいか?
驚く事も無く、私をなぐさめる?こともなく、
ガンシクロビルの副作用について勉強しているお話をされました。

ある程度の覚悟はしていましたが、まぁ、やはり「どうすればいいだろうか。。」
と、途方にくれる感満載になりました。


最近、やっと自分の症状の変化を分析をすることが出来ました。
私の場合、左足の引き攣りを治したくて、松本医院を受診しました。
アシクロビルを飲み始めて、単純ヘルペス1型には速攻効果があったのだと、
今は理解出来ます。
日常的に頭痛持ちでしたが、頭痛が消えました。
2ヶ月に1度くらい夜中におこる、下痢を伴う腹痛も消えました。

そのかわり、臀部が痺れだし痛みだし、左足が痺れだし、
目の奥が不快で重い感じ、目やにが増えたり、四六時中眠い等等
症状は増えて行きました。
免疫があがっての結果なのだと勉強もして理解し、
時々は心が折れそうになっても乗り切ってきました。

それでも、シビレは容赦なく、、
気持ち的には我慢の限界かも、、って思っていました、思っています。

テレビで、NHKのSWITCHインタビューを見ました。
*
9歳で視力を、18歳で聴力を失った福島さん。一方、柳澤は女性の大学進学がまだ珍しかった時代に米国留学、最先端の遺伝子研究に取り組むが31歳で突然、原因不明の難病に襲われた。以来、病と闘いながら生命科学について思索をめぐらせている。*

今回の会話の内容は興味深いものでした、が、
私は松本医院での受診者ならでは考えが最初にピンッときました。

おそらく、お二人ともサイトメガロウィルスが原因だったろうと思いました。

ちょっと免疫とヘルペスウィルスを知っただけの私のレベルでも、
確信にちかいということは、医学会的には、
EBウィルスとサイトメガロウィルスについては、
抗ウィルス薬の研究が重要だと分かっているのでは?
と、感じました。
この2つの薬があれば、ほぼ内科は楽な治療になるだろうし、、
私達人間には、健康に暮らせる希望が広がります。
ただ、製薬業界は薬の売り上げが減り、経済としては大変なことになるのかもしれません。
でも、経済より健康でしょう??

と、単なる中高年おばさんの意見ですが、「勇知」になると分かって来た事だと思えます。
そうです、何事でも「無知」はコワいですよね?
勇知は正義的に進まなければ、その意味はありません。
儲かればいい主義は、正義でも何でもないですよね。

サイトメガロウィルスは大抵の人に感染しています。
大病はしないけれど、子供の頃から虚弱体質という人は、
おそらくサイトメガロウィルスの悪さでしょう。


私は、アシクロビルは単純ヘルペスにはかなり有効だったので、
処方量を減らしてもらうつもりですが、まだ続けようと思います。

サイトメガロウィルスの抗体値は、松本医院でチェックをしていただきます。
松本先生もずっと現在進行形で学んでおられます。

私自身は、日々の暮らしもキツい状況ですが、
体が楽になるのを強く希望にもって、常に情報を得て行こうと思います。


図は、Naokiさんがtwitterでアップされていたものを拝借しました。


naoki3twitter.jpg



そして、コメントを書いてくださっているshoqeetさんに、昨日梅田でお会いしました。
症状などの情報交換?とか色々、治療に前向きにいるフレンズの存在は大きいです。

sh-rlblog.jpg


今日は、色々話になってしまいましたが、ゆるり〜っと行きましょうね。



読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村




Category: 診察日 Comments (2)
2017.03.06 Mon

17ヶ月が経過しました。

まさに、戦い、と言えそうな時を過ごしてきました。
心身ともに厳しい険しい道のりで、これを乗り越えられれば、
命が終わるその時までに、多少の困難さえ何とも思わないレベルまでいけそうな気さえします。

1月に脳神経外科を受診したことはお知らせしました。
そして、Naokiさんからtwitterで物理的な問題があるのでは?
ヘルペスだけでは、そこまで苦しいだろうか?
という疑問をもらったこともあり、改めて総合病院の整形外科を受診しました。
予約が必要なため、近所の整形外科を受診して、総合病院の予約をお願いしました。
予定では、朝の9時の受診でしたが、前日に医師から携帯に電話が入り、
「明日は急な出張が入ったので、変更出来ますかね?これからとかは無理ですか?」
という内容でした。変更となると又延期ということだし、無理にでも行くことにしました。
仕事場に着いたばかりだったのに、少しだけ仕事をして
自宅経由でタクシーに乗ることにしました。
何となく夫が側にいてもらったほうが良いと思い、付き添ってもらうことにしました。
予定していた時間より遅れてしまったこともあり、その先生はすでに居なくて、
代わりの先生となりました。総合病院のドクターは、多方面に忙しいような気がします。

優しく丁寧にお話をされる先生でした。
おそらく大体の今時の総合病院のドクターはそういう印象ではないでしょうか?
私のMRI画像は大変キレイです。とまあ、思っていたような返答でした。
他の患者さんの例を話され、その方はストレスによる疼痛である、みたいな話です。
先日、脳神経外科での処方箋のサインバルタのメモを見られて、
サインバルタもいいかもしれません、というご意見で、
最近は、神経痛に抗鬱剤が効くとのことで、
慢性の疼痛には処方されることが多くなったらしいです。

何のことは無い、痛いというシグナルを麻痺させるだけじゃないですか?
言い方が間違っているかもしれませんが、それは治療ではないなあ・・
というのが私の感想です。
もう、いよいよ、ヘルペスウィルスと免疫との戦いによる症状しかあり得ないという、
またしても再確認でした。

そして昨日、高槻へ行ってきました。
どえれ〜混んでいました。
でも、鍼灸の予約の時間に行って、少しまって施術を丁寧にしてもらい、
終って読書をして待っていると、Riliさ〜ん中でおまちくだ〜い。
と呼ばれました。
先生に、久しぶりにイラストの説明図をB5サイズにプリントアウトしてお持ちしました。

Keika.jpg

改善した症状とまだ改善しない症状もメモ付き。
改善した症状のメモには、松本先生もうれしそうでした。
そうでない方の症状については「あなたはそれだけヘルペスが多いんやわ」です^^;
その後は、どうして女性に更年期での症状があるのか?
のお話をクイズ形式で^^;先生とお話をしました。

血液検査の結果は、ヘルペスの抗体値が上がってしまってました。
ここにきて、免疫があがって戦いが本気モードになったか?
なのかもしれません。

待合室に戻ると、実は初診の時にお見かけした男性がいました。
だいたい同じ曜日に受診をするので、覚えたりしているわけですが、
かといって他の大勢の患者さんの事を覚えているかと言われれば、
覚えていないのが常なのですが、
何となく話が合いそうな方は記憶に残ります。
同じように受診を長く続けているので、是非いっしょに早くよくなって、
もうお会いする事もなくなることが、きっと喜びになるという不思議な関係性だったりします。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 診察日 Comments (7)
2017.01.22 Sun

骨盤が痛い。

3日程前から左の骨盤辺りから臀部にかけて痛みが現れました。
寝ている時に、寝返りがうてなくて気がついた感じです。
自分の手でお尻を持ち上げて「よっこらしょ」っと言う感じで寝返りをうっています。

松本医院へ通い始める4ヶ月前。
腰に激痛が起こり、しばらくしたら左右の骨盤辺りにも軽く痛みがあったのを覚えています。

自覚症状が新たに増えたりすると、ヘルペスウィルス以外の何かかも?
神経系統の何かかも?
松本理論の理解が足らない私は、仙骨が問題かもしれないと思い、
昨年の春に懲りずに新たな整形外科へ行ってみたこともあります。
その頃、骨盤辺りに痛みが出たので、先生にどうしてですか?とお聞きしたところ、
「わかりません」と言った!

行くだけ無駄でした。

今朝は、4ヶ月振りに右側を向くと目眩がありました。
免疫があがったからかな、、
今日は高槻への受診日だったので、気をつけて行かなければと思い、早めに家をでました。
鍼灸を受ける時には、真上を向いて寝ると目が回るので、
首だけ左を向いて、下半身に丁寧な鍼灸を受けました。

体調が良くないことは特に伝えず(免疫があがってるからや〜)、
採血をしてもらい薬局で薬を受け取り、ゆっくりしか歩けないノロノロ徒歩で駅に向かいました。
電車に乗り、座って読書をするものの左右の骨盤が痛くて辛くて、
梅田が近づいた頃、地下鉄の駅まで迎えに来てほしいというメールを、初めて夫に送信しました。
煎じ薬の漢方薬は2週間分でも、そこそこ重いので持ってほしいと思いました。

帰宅して直ぐ、倒れるように横になりました。
右を向いて寝ると目が回るので、左を下にして数時間じっとしていました。
左側の痺れが強いので、この姿勢はツライのだけど、ままならず、、

左右の骨盤、その辺りのジワジワジワという痛みは続くのだろうか、
もうこれ以上痛みに耐えられる気力は無いに等しい。
あ〜、でも堪えるしか無いのですよね。

何十年もかけて悪くなった病気を、とにかく出し切るのが松本理論での治療ですもんね。
あ〜、黙って堪えるようにしてきたけれど、言わないとやってけない〜

ここで弱音を書きました。


PS:
Naokiさんが「松本理論bot」名でTwitterに投稿しています。
松本医院の患者さんはフォローしませんか?
アシクロビルの保険適用問題などの解決への糸口もみつけられるかもしれません。Mbot.jpg



読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 診察日 Comments (4)
2017.01.14 Sat

「元旦や 生涯医師の掌」 

今年最初の受診。
けっこう混んでいました。
初診の方もお見かけしました。
最初は待合室に置かれている、手記のファイルを手にする方が多いように思います。
私も、そうでした。

ホームページに掲載されている以上の人数の手記のファイルが並んでいます。

私は、今はハマっている本を持参して読書してます^^;
今回は20分程待っていたら、鍼灸に呼ばれました。
つらい腰や臀部、足を集中して施術をしていただきました。

診察に呼ばれて、中の椅子に座っている時に、
見かけない?額を目にしたので、スマフォでこっそり^^;
パシャ〜(こっそりになってない・・)。
お正月バージョン?だと思います。

先生の書なのかどうかは分かりませんが、
新年のお気持ちを何気なく、語っているように私は感じました。

「元旦や
生涯医師の掌」 
がんたんや しょうがいいしの てのひら
(てのひらは、つかさどるところ、という意味合いでしょうか)

0107mmclinic.jpg
※もう撮影はいたしませんので、今回はごめんなさいませ


12月の採血の結果がでていました。
単純ヘルペス抗体値が上がってしまってました^^;
潜んでいるヘルペスウィルスが神経節から沢山出て来て
免疫の戦いが加熱してる?

ということで、じっくりゆるりといくのみ、です。


アシクロビルの保険適用願!


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 診察日 Comments (0)