自分の免疫が自分の病気を治す

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レテルモビル

前回の投稿で、絶望感を覚えてしまった方もおられたのでは?
と、感じていました。

それは、私も同じ思いをしたからです。
ガンシクロビルの単語を知って、「それを飲めば治るのね」と、最初は思いました。
Naokiさんに、バリキサの添付書のURLを教えてもらって読んで、
決して確率は大変高いとはいえないけれども、副作用の怖さを知りました。

免疫不全が起きたら、元もこうもありません。
サイトメガロウイルスが免疫不全の間に増殖します。
かえって悪化する結果もありえる、という話です。

それでも、実際のエイズ患者さんへの投与は成功もしている症例は
沢山報告されているようです。

いったん絶望的な気持ちになったものの、何とかなるかも?
という気持ちに切り替えて、感染症内科を受診したわけです。
そこで再び絶望到来でした。

「保険医」の名の下、却下されてしまったことです。

ここで、道が開ければ他の患者さんも続くことが出来るし、
と、希望を抱いていましたから、この時のショックは相当でした。

しかし、絶望感など持っていても何の役にもたちません。
それどころか、症状は良くならないでしょう。

諦めの悪い私、というか、ここで諦めることは
ずっと耐えるしかない、という話ですから、そんなことは出来ません。
やはり、バッチリ健康は無理でも、少しでも楽になりたい!
というのが本音です。

松本医院の治療法は正しいと思ってはいます。
ただ、サイトメガロウイルスに対しての治療には、
パワー不足というのが現状でしょうか。

初診から漢方薬は、大防風湯と治打撲一方湯を続けていますが、
飲み始めてずっと下痢続きなのも、気になってはいます。

アシクロビルは、処方として一日16錠ですが、13錠の摂取にしています。
少し、自分でアレンジをしています。体調と相談しながら。

抗サイトメガロウイルスの新薬のニュースも知りました。
「レテルモビル」まだ先のことでしょうが、可能性はゼロではないと言えそうです。

レテルモビル

今夜は、とりとめのない内容ですが、なるべく更新するようにしますね。



読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

- 4 Comments

市井の片隅  

No title

拝啓。
時々ブログを覗かせて頂いております。

松本医院での治療を選ばれたこと、その方向性に同感です。

しかし、抗ウイルス薬だけに執着するのでは、視野が狭いです。
「春ウコン研究会」のHPを御覧になってみて下さい。
宣伝でもありませんし、小生とは何ら関係のあるサイトでも御座いません。

しかし、免疫力を高めれば、病気の身体は健康体に復元される。と言う
生命科学の理論は、体験もしているので確信を持っているところですし、
根治療法を推進している医師グループのなかでは、常識です。

病気の原因は、1.ウイルス・細菌の感染症
       2.異物の体内蓄積
生命科学を知れば、自明の理かと考えます。

松本医院の抗ウイルス薬治療でなくても、
白血球細胞(免疫細胞)、特に、白血球中のリンパ球を
35%超過、実数2100超過させてゆけば、
病体は健康体の細胞に戻ることは、免疫学者とその支持者治療家は知っています。

「春ウコン研究会」の実績からみる、春うっちんの効用は、手軽かつ副作用のない、
そして、理論的にうなずけることから、
情報として、お知らせしてみました。

線維筋痛症、大変なご苦労とおもいます。
しかし、免疫細胞(特にリンパ球)をふやしてゆけば、ウイルスは抑えられますし
健康体として暮らしてゆける現実はあります。

Naoki君とも、お話になってみて下さい。
ご検討をお祈りいたします。

敬具

2017/07/24 (Mon) 12:34 | EDIT | REPLY |   

Rili  

To 市井の片隅さん

初めまして。
コメント、ありがとうございます。
こうやって貴重な情報をいただけると、blogで公開しているのもいいな、などと思ったります。

春うこんについては、コメントをくださる女性の方にも、検索してみてください、と言ってもらっていました。でも、ちらっとサイトを読んだだけで、ブックマークだけしてる状態でした。

松本医院での治療は、漢方薬の煎じ薬を2タイプ、食前食後に1日3回飲んで免疫をあげます。
私のように、病気の原因がほぼヘルペスの患者には、抗ヘルペス薬のアシクロビルが大量処方されます。免疫をあげてリンパ球をあげるというあたりも、春うこんと同じです。ただ、抗ウィルス薬で増殖を抑えて、漢方で免疫をあげると効果が大きいので、松本医院では副作用の少ない抗ヘルペス薬アシクロビルの処方となってます。

でも、私のようにヘルペスでもサイトメガロウイルスの場合、免疫を上げても増殖する最悪のウィルスらしく、これはアシクロビルは効きません。それで、今は大変行き詰まっている私です。

病名は、住友病院でとりあえず付けられたもので、線維筋痛症でもないと思っています。松本先生は、病名はなんでもええ、と言われる方で。

春ウコン研究会のサイトを、まだ全部ではないですが、コメントをいただいてからじっくり丁寧に読ませていただきました。
残念なのは、ヘルペスのことを単にヘルペスと書かれているのが、残念すぎでした。
単純ヘルペス1,2、水痘帯ヘルペス、EBウイルス、サイトメガロウイルス、他、全部で今のところ8種類確認されています。中でもやっかいで、他とは違うヘルペスのサイトメガロウイルスの超のつく難儀さと、単純ヘルペスとでは全く違います。
私が、抗ウイルス薬に希望を抱いてしまうのは、そのあたりが原因だったりします。

春ウコンは、とても良いと感じてはいます。
これは、漢方薬といっしょに飲んでいてはダメなのでしょうか?
サイトを読む感じでは、摂取量は重要なようですね。春ウコンだけにしたほうがいいのだろうか??と、思いながらも、沖縄のメーカーのものを先ほど、買い物をしてみました。
値段も手頃で、続けるのには理想的です。摂取量をどこでアドバイスをもらえばいいのか、そのあたりがネックではあります。

また出来れば、ご意見をいただけたら幸いです。
ありがとうございました。

2017/07/24 (Mon) 18:25 | EDIT | REPLY |   

市井の片隅  

拝啓

サイトメガロウイルスに難儀しているとのこと。
「生物学的二進法」故斎藤章教授研究。により一目瞭然かと思いますが、
ウイルス群の中にすべて含まれるものなので、春ウコン研究会(主催者はウイルスの専門家)は、ウイルスと記述しているのです。

それらウイルス群を、体内に保持していても、発病しない。それは
人間には、白血球細胞(好中球・好酸球・好塩基球・リンパ球・単球)が、免疫の力を発揮しているからです。

体内は小宇宙と称されるほど、微小・微細で、精密、且つ壮大なものです。
人智で開発した、抗ウイルス薬をはるかにしのぐ、力を発揮しているのです。

種類ごとに対応させる薬の開発は、「対症療法」の手法です。

化学薬品を異物ととらえる白血球(好中球の担当)は、その異物を攻撃する為に増量を余儀なくされます。
結果、応分、リンパ球は減少してしまいます。

①抗ウイルス薬を服用している分、リンパ球の増え方が限定されてしまうので  は・・・
 リンパ球が実数で、(白血球✖リンパ球%=実数2500位)まで増えること には、ならないのでは・・・・

 つまり、免疫を高めて、健康体を取り戻すには、今一つ不足なのでは・・・

②IgGがクラススイッチして、IgEに替わり、白血球中の好酸球が活躍して、
 体内からの異物排除が完了しても、
 その段階では根治では、ありません。 時の経過で再発の可能性大です。

 異物排除の完了(好酸球の活躍)から、次の段階では、リンパ球活躍の順序で す。
 リンパ球増大により、傷んだすべての細胞を修復・再生させ得てこそ、
 元の健康体に戻ることになるのです。
 つまり、免疫が病気を寄せ付けない身体に戻るのです。

以下、リンパ球を増やす日々の作業を記してみます。
目的は、血液の量・質・流れ を改善させることです。

1.半身浴(心臓をはずす。水分補給必須。身体の芯を温める。発汗で老廃物排      除。)
2.湯たんぽ(手・足・頭は、夏らしく、涼しく)
      (腸内の環境を向上させる。すべての生理活動を触媒する酵素は、       38℃以上で活性化します。)

3.NHKラジオ体操(全身の関節・筋肉をくまなく動かす要素が組み込まれてい          る。異物は、関節に留まりやすい。)

4.食事は、普通の食材でバランスがポイント。(厚労省の必要栄養量参照)
  サプリメントや加工品は、厳禁です。(異物の成分比率が高すぎる)

5.血圧は、80-120周辺(上が100超過しないのは、論外です。)

6.体温は、36.5度~37度くらい(36度未満では、論外です。)

7.現服用の漢方薬も免疫を高めるものと推察しますので、続行が良いので    は・・・

以上、地味と感じると思いますが、【一日も休まず】、着々と実践してみて下さい。   血液を変えない限り、身体は変わりません。

敬具。






2017/07/29 (Sat) 11:28 | EDIT | REPLY |   

Rili  

春うこん スタートさせています

貴重なアドバイス、本当にありがとうございます。

またあらためてお返事を書かせていただきます。
地味なんて、とんでもないです。
私の理想の考えです。
昨日、近大の神経内科を受診しました。
楠進先生に見ていただけました。
1時間ほどの丁寧な問診と触診の結果、精神内科としては何も問題がない、という結果でした。
左足の意思と関係ない力み、とんでもない痺れ、臀部の痛みと痺れ、腰の痛み、眠い感覚、
その症状は悪化の一途。
骨も神経も特に問題がない、ということは分かりました。

私は、十代の頃から血管が細いと言われていることに、今になって思い出しています。
後は、血管だろうか??

本気で書いてくださっているコメント。ありがたいです。
今日は、とにかく、お礼を言いたくて少し返信をしました^^

心強いです!

2017/07/29 (Sat) 14:30 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。