2017.04.16 Sun

知らなさ過ぎるヘルペスウィルスのこと

あらためて、ヘルペスウィルスのことを、松本先生のコラムの引用で書いてみます。

人類の体内における悪魔のウィルスがヘルペスウィルス。
発見の順番に番号がついています。
今のところ8種類です。

1. 単純ヘルペスウイルス1型
2. 単純ヘルペスウイルス2型/性器ヘルペスなど
3. 水痘・帯状疱疹ウイルス
4. エプシュタイン・バール・ウイルス(EBウィルス)
5. サイトメガロウイルス/肺炎、網膜炎
6. ヒトヘルペスウイルス6/突発性発疹、脳炎など
7. ヒトヘルペスウイルス7/突発性発疹
8. ヒトヘルペスウイルス8

私は初診時(2015.9月)の血液検査の結果は、
単純ヘルペスの抗体値126.9/水痘帯ヘルペスの抗体値20.9でした。
この頃は、まだEBVとCMVのチェックはなかったです。
一番の受診のきっかけは腰の痛みと、左足の力みでしたが、
先生が書かれているヘルペスウィルスで起こる症状の羅列の中には、
私が普段経験している症状が多く、「えっ?ついでに治るの?」みたいな心境でした。
松本医院のサイトを読むまでの私のヘルペスの認識は、
疲れたら唇に出来るデキモノ、というレベルでした。

名前も何だか嫌いだったし^^;

松本先生のコラム抜粋1/
 ヘルペスと診断して良くした症状の全てを思うままに書いておきましょう。
頭痛、偏頭痛、顔面神経麻痺、三叉神経痛、耳鳴り、難聴、突発性難聴、熱性痙攣、めまい、立ちく らみ、吐き気、車酔い、船酔い、慢性疲労症候群、五十肩、四十肩、肩こり、首こり、倦怠感、口内炎、口唇炎、口角炎、しわがれ声、いつまでも続く喉の痛 み、慢性的な喉の詰まり・違和感、寝汗、異常な汗かき、こむら返り、顎関節症、歯肉炎、歯周炎、筋肉の痙攣、目の結膜の痛み・違和感、目の奥の痛み、ブド ウ膜炎、目の強膜炎、目の脈絡膜炎、虹彩炎、リウマチ性多発筋痛症の筋肉の痛み、線維筋痛症の筋肉の痛み、漢方で梅核気といわれる喉の詰まる症状、いわゆ る自律神経失調症、熱の出ないあらゆる種類の腹痛、
などなどでありますが、結局のところ人体のあらゆる神経に潜む力がある
ヘルペスウイルスと免疫が戦うときに見られる症状であり、いわゆる病気であります。
 あげれば全ての原因不明といわれる病気の全ては、ヘルペスと免疫との戦いに症状に過ぎないのです。

松本先生のコラム抜粋2/
そもそも人体に必要なものは5大栄養素と酸素と水だけです。
それ以外は全て異物であり毒薬ともいえます。
ただひとつ例外があります。それは感染症 で用いられる抗生物質です。
これは明確に致死的な細菌を殺すことが可能であるからです。
それ以外の薬はほとんどが免疫抑制剤であり、
免疫を抑制する間何が起こるかについては不問にされるのみならず、
免疫を抑制したときに必ずリバウンドという離脱症状による症状の増悪が必ず見られます。
教科書には症状が一時 的によくなることを寛解とよんでいます。
寛解させるという目的で薬を使うとよく書かれていますが、
寛解させている間に見えない敵が跳梁跋扈していることに は一言も触れていません。
例えば一番ひどい話がヘルペス感染症であります。

もうひとつの例はストレスが免疫を抑制するメカニズムについての説明です。

 まずヘルペスについてですが、どんな本を読んでもヘルペス感染症が生じるのは
免疫が抑制されたときであると書いてあります。
これはうそであります。
免疫が抑制している間に実は成人の誰もが持っている
ヘルペスウイルスは語根の神経節から免疫監視機構が弱まっている間に
自由奔放に神経細胞から 神経線維に沿って次々と皮膚の表面に増殖していくのです。
元来、ヘルペスウイルスはいわば人間と共存できる無害なウイルスなのです。
言い換えると正常な免疫の前にはヘルペスは手も足も出ないのです。
免疫が弱まったときに初めて日和見的に皮膚に出てしまうのです。
ところが免疫が復活したときにすぐに戦いがはじまり
皮膚から排除しようとするときにその戦いが症状として観察されるのです。
医者はこの症状を取るために再びステロイドを用いて見掛けをよくしようとするのです。
さらに皮膚科などはほとんど全ての皮膚病に対して90%ステロイドを用いるものですから
自分達が病気を作っている ----

 ふたつめにはストレスが免疫を抑制するのは簡単なメカニズムです。

このメカニズムを知っているのも私だけというのは嘆かわしいことです。
つまり心理的社会的ストレスがかかるとまず情動の中枢である視床下部に伝えられ、
そこにある自律神経の中枢でもある視床下部にある交感神経に伝えられると 同時に、
ストレスに耐えるためにストレスホルモンである副腎皮質ホルモンを作らせる準備をさせます。
まず視床下部からCRHというホルモンが作られ、これ が下垂体に伝えられ、
下垂体からACTHというホルモンが作られ、
それが副腎皮質に伝えられステロイドホルモンであるコルチゾールが作られるのです。
すると、コルチゾールは好中球は増やすのですが、
高等脊椎動物だけが有するリンパ球を一時的に減らし、
エネルギーを精神的なストレスに向けさせるのです。
つま り肉体的なストレスに対抗するのはいわば免疫であり、
その免疫の働きを一時中断させるのですが完全に中断させてしまうと
急を要する感染症に対抗させるために
自然免疫である好中球だけを一時的に増やすという対抗策をとるのです。

医者は膠原病の患者にこのような理由も知らずに
『ストレスをかけないような生活を してください』と言い続けるのでありますが、
一方ではまさにストレスをかけられたときに生じる免疫抑制を
やってはいけないと間接的に述べているのにもかか わらず、
自分が出す薬はステロイドをはじめとする免疫抑制剤を治療薬として投与するという
支離滅裂な治療が教科書に書かれている治療法なのです。

とどのつまり一言で言えば、治らない病気の治療薬は全て免疫抑制剤ですから
矛盾と混沌の中に現代医学が落ち込んでいるのです。
にもかかわらず新しく出てくる膠原病やアレルギーの薬は
ますます免疫を抑えるだけに優れた薬が革新的な薬と銘打って市場に出回ることになるのです。
ひとつひとつの教科書の記述に対して正しい反論をしたいのですが、きりがありません。

痛みの原因として
一番多いのはヘルペス性の神経炎でありますが、
どんな痛みの本を読んでも一行も触れられていません。
さらに世界中の医者は、自律神経でヘルペス性の炎症が生じて症状が出ても、
外から神経にいるヘルペスと免疫の戦いが見えないものですから、
ヘルペスが原因であるとは決して口には出さず、
適当に自律神経失調症という病名をつけるだけで事足れりとしているのです。
さらに全身の知覚神経(痛覚神経)でヘルペスと免疫が戦うときには、
痛みで動くことさえもできなったりするのですが、
これを原因不明の線維筋痛症という病名をつけるだけで、
その原因については解明しようとしないのです。
ここで、交感神経と副交感神経の働きと、交感神経や副交感神経でヘルペスと戦うと、
つまりヘルペス性の炎症がそれぞれの神経で生ずると、
どんな症状が出るのかについて説明していましょう。

ご存知のように、自律神経とは、作用が相反する2つの神経、
すなわち交感神経と副交感神経に分類されます。
脳や脊髄には自律神経の中枢があり、それぞれ全身の末梢神経に自律神経線維を送っています。
自分の意思でコントロールすることはできません。
交感神経の役割は、闘争、逃走、緊張の神経で、
昼の活動時に優位になるので昼の神経とも呼ばれます。
副交感神経の役割は回復、休息で、夜の睡眠時に優位になるので夜の神経とも呼ばれます。
ヘルペス性交感神経炎の症状としては、常に怒ったり、興奮したり、落ち着きのない状態。
従って夜も不眠症になりやすくなります。
ヘルペス性副交感神経炎の症状としては、常に眠たい、しんどい、疲れやすい症状がみられます。

ここまで抜粋


先生のコラムや、「ワッハッハッハ」がはいってますが^^;論文なども
知りたい知識が書かれているのですが、医学的な生物学的な基本知識が全然足りていない私には、
読んでいる途中で挫折する事は常です。
が、合間にみえる理系でない人でも?分かる箇所は、何度も読んでいます。
自分の自覚症状がヒドくなっていても、辛くても、
それは自分の免疫が正しい事をしている、頑張っている、
という基本中の基本を真実として理解しているので、何とか頑張れています。
今となっては、気軽にその辺の病院や総合病院へ行く気にはなりません。

ドクターの中には、人間的に優れた人や病気を治してやりたい、
という思いで頑張っている人もいらっしゃいます。
でも、大学で学んだことや、製薬メーカーからの新薬を、
疑ってみるくらいのドクターに出会いたいものです。
松本先生は、深く知れば?変わった人でもないと、私は感じています。
普段の様子からは、「変な先生」「難しい先生」などですが、

松本先生に習いたいと思う現役のドクターが何故現れないのか不思議で仕方ありません。
アシクロビルの保険不適用にいたっては、知れば知る程、信じられない気持ちです。

医者が認識しないのであれば、一般の方達に知られるようになれば、
医学の、世界の医学、治療をするという意味での医学の捉え方が、
変わってくれるかもしれません。



読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 独り言 Comments (3)
2017.04.04 Tue

周波数をとらえられないときの雑音のような

3月の投稿は一つしか書けませんでした。
これでは、何の役にもたたないblogです。

日常生活が普通にできているか?
と、問われたら、う〜ん。出来てるとは言えない感じです。
朝、目覚めると、シェーグレン症候群の抗体値があがっているからか、
ちゃんとしゃべれないくらいカラカラで、
起きるとまず、歯茎をマッサージするように動かし、水分をなじませて口をすすぎます。
これで、ちゃんとしゃべれます。一日中大丈夫です。

朝食から、あまり食欲がありませんが、なんとかトーストパンを一枚と
一杯のコーヒーを飲みます。
もちろん、食前食後の漢方薬は飲みます。
目覚めてしばらくは、腰や下半身の自覚症状はちょっとマシなので
この時間帯だけが、楽と言えるかもしれません。
朝寝坊気味なので、ランチタイムはすぐにやってきます。
私は、午後から仕事をしているので、出かける事が出来ていますが、
おそらく朝からの一日勤務の仕事は勤まらないと思います。

その午後からの仕事も、座っていると座骨が圧迫され、痺れがヒドくなります。
なので、我慢をするのにも限界があって、早めにきりあげることとなり、
仕事が出来ているとは言えない感じです。
当然、収入も減りますから医療費への不安が強くなってしまい、
これがストレスになっているのでは?
と、思ってしまいます。

帰宅後は、まず1時間は体を横にします。仮眠です。
足腰には良いのですが、起きて作業をするには頭がぼ〜っとしてしまっています。
カンタンな料理で夕飯を済ませたあとは、漢方薬を煎じている間に、
温灸をします。
温灸も、以前は「毎晩しなくては!」と、頑張り過ぎてる感じでしたが、
このところ、なるべくやろう〜というスタンスにして、温灸の数もこだわらずやっています。

そして、1時間くらいしてから湯船に10分くらいつかります。
つかっている間、左足のシビレは増します。

何か用事があれば、夜中に済まし、お布団にはいります。
この時は、お尻も痛いし、左足のシビレは相当あって、上を向いては寝られません。
うつ伏せでおさまるポーズをさがして、眠りにつきます。
目覚めた時は、上を向いています^^

痺れには変化があります。
治療を開始して痺れも出て苦しんでいますが、シビレは本当に色々に変化します。
普通にジンジンなどという擬態語では表せない複雑な感じです。

夕べ、ふと思ったのは、
FMラジオの周波数が合わずに雑音が出ますが、あんなような?感じでもあります。

それから、なんだか眠い感じがずっとあることと、ずっとシンドイ感じもあるので、
生活の質が落ちてしまい、ちょっと悲しいかな、、です。
にしても、日々乗り切るしか方法がありません。

先日の血液検査は、単純ヘルペスウィルスの抗体値ではなく、
久しぶりにEBウィルスの抗体値の数値がでてました。
前回と前々回が2.0のところ、1.7。
少し低くなっていました。

それはそうと、松本医院での鍼灸は、いいですよね。
きょうは、独り言でした。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 経過 Comments (10)
2017.03.06 Mon

17ヶ月が経過しました。

まさに、戦い、と言えそうな時を過ごしてきました。
心身ともに厳しい険しい道のりで、これを乗り越えられれば、
命が終わるその時までに、多少の困難さえ何とも思わないレベルまでいけそうな気さえします。

1月に脳神経外科を受診したことはお知らせしました。
そして、Naokiさんからtwitterで物理的な問題があるのでは?
ヘルペスだけでは、そこまで苦しいだろうか?
という疑問をもらったこともあり、改めて総合病院の整形外科を受診しました。
予約が必要なため、近所の整形外科を受診して、総合病院の予約をお願いしました。
予定では、朝の9時の受診でしたが、前日に医師から携帯に電話が入り、
「明日は急な出張が入ったので、変更出来ますかね?これからとかは無理ですか?」
という内容でした。変更となると又延期ということだし、無理にでも行くことにしました。
仕事場に着いたばかりだったのに、少しだけ仕事をして
自宅経由でタクシーに乗ることにしました。
何となく夫が側にいてもらったほうが良いと思い、付き添ってもらうことにしました。
予定していた時間より遅れてしまったこともあり、その先生はすでに居なくて、
代わりの先生となりました。総合病院のドクターは、多方面に忙しいような気がします。

優しく丁寧にお話をされる先生でした。
おそらく大体の今時の総合病院のドクターはそういう印象ではないでしょうか?
私のMRI画像は大変キレイです。とまあ、思っていたような返答でした。
他の患者さんの例を話され、その方はストレスによる疼痛である、みたいな話です。
先日、脳神経外科での処方箋のサインバルタのメモを見られて、
サインバルタもいいかもしれません、というご意見で、
最近は、神経痛に抗鬱剤が効くとのことで、
慢性の疼痛には処方されることが多くなったらしいです。

何のことは無い、痛いというシグナルを麻痺させるだけじゃないですか?
言い方が間違っているかもしれませんが、それは治療ではないなあ・・
というのが私の感想です。
もう、いよいよ、ヘルペスウィルスと免疫との戦いによる症状しかあり得ないという、
またしても再確認でした。

そして昨日、高槻へ行ってきました。
どえれ〜混んでいました。
でも、鍼灸の予約の時間に行って、少しまって施術を丁寧にしてもらい、
終って読書をして待っていると、Riliさ〜ん中でおまちくだ〜い。
と呼ばれました。
先生に、久しぶりにイラストの説明図をB5サイズにプリントアウトしてお持ちしました。

Keika.jpg

改善した症状とまだ改善しない症状もメモ付き。
改善した症状のメモには、松本先生もうれしそうでした。
そうでない方の症状については「あなたはそれだけヘルペスが多いんやわ」です^^;
その後は、どうして女性に更年期での症状があるのか?
のお話をクイズ形式で^^;先生とお話をしました。

血液検査の結果は、ヘルペスの抗体値が上がってしまってました。
ここにきて、免疫があがって戦いが本気モードになったか?
なのかもしれません。

待合室に戻ると、実は初診の時にお見かけした男性がいました。
だいたい同じ曜日に受診をするので、覚えたりしているわけですが、
かといって他の大勢の患者さんの事を覚えているかと言われれば、
覚えていないのが常なのですが、
何となく話が合いそうな方は記憶に残ります。
同じように受診を長く続けているので、是非いっしょに早くよくなって、
もうお会いする事もなくなることが、きっと喜びになるという不思議な関係性だったりします。


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 診察日 Comments (7)
2017.02.14 Tue

ヘルペスウィルス感染症、という本

NaokiさんのTwitterのつぶやきで、Naokiさんも松本先生もお持ちの?
「ヘルペスウィルス感染症」というレアな本が、
amazonで1冊だけ出ている!という情報。
直ぐにリンク先に飛びました。
新品本は残り1冊で5,000円だったかな?
ふと見ると、[中古本]があるようで、そちらをクリックしたら
こちらも残り1冊!
値段は¥3,473、送料を入れて¥5,000弱でのゲットです。

それにしても、医学生なのかドクターなのかは分かりませんが、
こんな貴重は本を専門家が手放していいものか?
と、思いました。私は安くゲット出来ていいのはいいのですが^^;

内容は、Naokiさんや先生にはいい本でしょうね。
私には?確かに難解すぎます。。が、興味のあるタイトルに目がいきます。
「免疫低下と単純ヘルペス」の箇所は、私には必須だな・・

まずは、私に出来ること、で、ご紹介したいこと、
のっけの「序文」から引き込まれたので、序文をそのままリライトいたします。

以下リライト

序文
ヘルペスウィルス科のウィルスは、ヒトを宿主とするものとして既に7種が確定しているが、
現在、1994年にAIDS患者のカポジ肉腫より見出されたDNA断片が
8番目のヒトヘルペスウィルスとして加わろうとしている。
この8番目のヒトヘルペスウィルスは、PCR法を応用してDNAの引き算を行うという、
これまでのウィルスの発見法とは全く違った方法により発見されている。
これを代表として、近年、分子生物学的手法の向上に伴って
新たな事実が明らかになりつつある。

我が国で抗ヘルペス化学療法薬が使用されるようになってから、
十年余を経過したが、ヘルペスウィルスは潜伏感染するという共通の特徴を持っており、
回帰発症により再発を繰り返すという性質上、患者数が急激に減少するということは考えにくい。
また、潜伏感染したウィルスを排除する方法の確定しない限り、
ほとんどの人は何らかのヘルペスウィルスの再活性化の可能性を持っていることになる。
さらに、初感染年齢の上昇や、高齢化による帯状疱疹の増加、
医療技術の進歩による医原性の免疫抑制状態やAIDSなど、
ヘルペスウィルス感染症をめぐる問題はいまだに山積している。

これらの観点から、本書「ヘルペスウィルス感染症」は、
ヘルペスウィルス感染症に関する知見を一冊にまとめることにより、
ヘルペスウィルスが感染症の診断、治療などにおける課題がより明確になり、
今後の進展の一助となることを期待するとともに、
実地臨床家の日常診療に益するところが多いものと信じている。

平成8年7月
新村眞人
山西孔一

以上 リライトでした。
20年前ですね、この本がでたのは。。

doctors1.jpg

doctors2.jpg

読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 独り言 Comments (4)
2017.02.04 Sat

脳神経外科に行ってみた

昨年末にNaokiさんにお会いしたとき、
彼がつぶやいたフレーズ
「Riliさんの症状は9割はヘルペスウィルスで説明がつくけど、後は神経ですよねえ」
「ぼくは未だ勉強していないんですよね、勉強しないといけないんですよねえ・・」

それは私自身も一度は探って?みたいと思っていました。
それで、少し病院検索をしてみました。
総合病院に行く気にはなりません。
なので、地下鉄で行ける範囲の脳神経外科を探しました。

1箇所、気になるサイトを見つけました。
痺れや神経痛について、かなり詳しく書かれていました。
院長が書かれたものだと思います。

私も、痺れと戦いながら、インターネット検索での方法ですが、
神経痛や筋肉の構造など、沢山勉強をしました。
整体師顔負け?くらいの頭でっかちになってるかもです^^;

先週の土曜日、初診の場合は11時半までに入らないといけません。
家を出るのがちょっと遅れ、病院の最寄り駅で11時半になってしまったので、
電話をかけて5分後にははいりますので、とお願いをしました。

着いてみてびっくらこ!
松本医院も顔負けの土曜日の混み具合・・
でも、病院の印象はThe平成な感じで、キレイ。
松本医院はThe昭和ですからネ^^

順番は意外にサッサと回ってきました。
診察室1に入ると、院長先生がパソコン3台の前におすわり、
受付で渡していた昨年撮ったMRIのCD-ROMを手に、
「何のMRI? 今見なあかんの?もうこんな時間やから」
へ?
レポートも書いて渡していましたが、見る気配ゼロでしたので、
少し説明をしました。
この先生は、段取りとかスピードが優先順位なのかな?
一応、ベッドに横になり、骨盤辺りを抑えて確認をされました。
しぶしぶ、MRIもご覧になり、、
ヘルニア、、ちょっとちょっとはあるけど、
もうこんな時間やけど、遠くから来てるみたいやし、と思ったからね、
(そんな事情は松本医院ではどうなるんやい?)
続いてスムースにレントゲン室に呼ばれ、腰骨あたりを撮った様子。
続いて動脈の詰まり程度の検査をしました。
再び診察室へ。
どちらもたいした問題もなく、同じような症状で治療している人が居ますから、
薬を飲んでいきますかね。
サインバルタは保険が効くようになったと思うので、
(ここでパソコンより薬の情報をゲットし、プリントアウトされていました)

目眩もあるのですが、と言うと、
それは又、別や。また今度にして。
私もこの時点で、先生への接し方が分かって来ていたので?
大人しく?返事をし、採血はされて帰ってきました。

処方された薬は
プロレナール/リリカカプセル/リオレサール/サインバルタ

今更リリカって、、
帰ってサインバルタも調べると、抗鬱剤で神経痛にも効くようでした。

やっぱり。
という結果でした。

とっても人気の?病院のようでしたが、免疫を抑える薬をだす病院が普通の病院だったよな。
と、今更ながら再確認をするだけでした。

腰や、臀部や左足、左足は狂ったようにジンジンズンズンしています。
漢方薬を飲んで、アシクロビルを飲んで、ひたすら続ける事が回復への
ただ一つの方法だと再確認でした。

そして、今日は高槻へ行きました。
The昭和で、混んでいました。
初診者多数をお見かけしました。

私も、初診から1年と5ヶ月経過。
アシクロビルの保険適用願います!


読んで下さってありがとうございます。
にほんブログ村 病気ブログ 膠原病へ
にほんブログ村
Category: 独り言 Comments (2)